そばかすを消す方法は中学生でもできる!お手軽な対処法3選!!

おすすめ情報
スポンサーリンク

あなたはそばかすを消す方法、知りたいと思いませんか?

そばかすとは頬や鼻のあたりに小さな茶色の点々がたくさんできるものです。

そばかすは12歳から15歳ごろに一番濃くなります。ちょうど中学生の年齢ですね。

そばかすがあっていや。手軽に消す方法はないの?

そんな風に思っている中学生のあなた、申し訳ありません。きれいに消す方法はないのです…。

しかし「薄くすること」「今より濃くしないこと」を目標に、普段の生活で気をつけられることはあります。

普段の生活に気をつければ、きれいな肌になって自信がつき、顔を上げて前を向くことができます。ハッピーになれますよ。

今回は中学生でも手軽にできるそばかすを薄くする方法、今より濃くしないための方法をお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

そばかすを消す方法は中学生でも簡単!おすすめ3選

上でも説明しましたが、そばかすをきれいに消す方法は残念ながらありません。

そばかすをきれいに消す方法がない理由は、そばかすができるかどうかに遺伝的要素が関係しているからです。

しかし、普段の生活でそばかすの濃さが大きく左右されるのもまた事実です。

そばかすを消す方法には、中学生でも簡単にできるものもあります。

ここでは中学生でもできるそばかす対策をお伝えします。

 

日焼け対策を行う

そばかすを消す方法の1つめは、日焼け対策です。

中学生のあなたは日焼け対策ってまだ早いかな…と軽く考えているかもしれません。

私もそうでした。日焼け対策を本格的にはじめたのは高校を卒業してからです。

日焼け対策をしはじめて10年近く経った私の肌にはシミができてきました。

もっと早くから日焼け対策をしておけばよかったと思っても、もう学生時代には戻れません。

今中学生で日焼け対策を軽くみているあなたに言いたいです。今すぐ日焼け対策をはじめましょう。

そばかすもシミも、紫外線によって悪化してしまいますよ。

具体的にどんな日焼け対策をすればいいの?

そばかすを消す方法として、日焼け止めを塗ることを習慣化しましょう。

日差しが強い夏場はもちろん、紫外線は1年中降り注いでいます。

日焼け止めは夏場だとSPF50以上でPA+++のもの、夏場以外ならSPF30以上でPA+++のものを選びましょう。

日焼け止めは2~3時間おきに塗り直すのが基本です。

しかし、中学生がそんなにしょっちゅう日焼け止めを塗り直すのは大変ですよね。

通学前、体育を外でする前、部活の前、帰宅前には最低限塗り直しましょう。

建物の中にいるときも紫外線は浴びていますが、外にいるときの方が圧倒的に紫外線を浴びてしまいます。

とりあえず外に出る前には塗る習慣をつけておきましょう。

休日に外出する場合は日焼け止めと日傘や帽子、アームカバーなどを使い、日焼け対策を徹底しましょうね。

 

ビタミンCとビタミンEを意識的に取り入れる

次に栄養バランスです。そばかすを薄くするために欠かせない栄養素がビタミンCとビタミンEになります。

ビタミンCはそばかすのもとになるメラニンという物質をおさえるはたらきがあります。また、ビタミンEには酸化や老化を防ぐはたらきがあります。

ビタミンCとビタミンEを意識して食事に取り入れることで、そばかすが薄くなったり今以上に濃くなることを防いだりしてくれるのです。

それではビタミンCやビタミンEが多く含まれている食べ物をご紹介します。

【ビタミンCが多く含まれている食べ物】

  • 赤ピーマン
  • 黄ピーマン
  • ブロッコリー
  • キウイフルーツ(黄)
  • キウイフルーツ(緑)
  • イチゴ
  • レモン果汁
  • キャベツ
  • ジャガイモ
  • サツマイモ

【ビタミンEが多く含まれている食べ物】

  • ナッツ類
  • 植物油
  • うなぎ
  • たらこ
  • カボチャ
  • アボカド

これらの食べ物をバランスよく食事に取り入れることによって、そばかすを薄くする手助けになることはもちろん、あなたの健康や成長も手助けしてくれますよ。

 

睡眠をしっかりとりストレスをためない

そばかすを消す方法でもうひとつ忘れてはいけないのが、睡眠をしっかりとることとストレスをためないことです。

24時間の中で夜22時から深夜2時まではゴールデンタイムと呼ばれています。このゴールデンタイムには成長ホルモンの分泌量が増加します。

中学生は部活や勉強、息抜きなどをしていると、22時以前に寝ることが難しいかもしれませんね。

しかし、遅くても23時30分には布団に入り、24時には睡眠へ入れるようにしましょう。

4時間しかないゴールデンタイムの半分は確保できます。ゴールデンタイムに全く寝ないよりはそばかすへの効果も期待できますので、試してみてください。

また、ストレスをためることも、そばかすやあなた自身にいいことがありません。

自分の好きなことをしたり、悩みや考え事を他の人に聞いてもらったりして、上手にストレスを発散しましょう。

ちなみに私は自分の悩みを他人に話すことがとても苦手なので、紙に殴り書きをしてぐしゃぐしゃに丸めてゴミ箱に捨てています。

悩み事を捨てるみたいでスッキリするので、話す相手がいないあなたやなかなか言い出せないあなたにもおすすめの方法ですよ。

 

 

スポンサーリンク

そばかすを消す方法では皮膚科で処方される薬も使える

そばかすを薄くするためには、皮膚科で処方される薬も使うことができます。

そばかすを消す方法を実践する上で役に立つ可能性のあるお薬をご紹介します。(効果には個人差があります。)

どうしてもそばかすが気になるから皮膚科にいきたいけど親が許してくれない…。お金かかりそう…。

ドラッグストアでは、皮膚科で処方される薬と同じ成分のものを買うこともできますよ。

私は美容皮膚科でホクロを取ったことがあります。そのとき、取った跡がシミにならないように薬が処方されました。

その薬は「シナール」「トランサミン」というものです。

この2つ、調べてみると成分の含有量は多少異なりますが、ドラッグストアで売っていることがわかったのです!

シナールはビタミンが含まれている薬です。成分は「アスコピル酸」と「パントテン酸カルシウム」というもの。販売名も「シナール」です。

アスコピル酸がビタミンC、パントテン酸カルシウムがアスコピル酸の吸収をサポートする成分になっています。

ビタミンCは栄養バランスのところでもお伝えしたように、そばかすを消す方法として大切な栄養素になります。

トランサミンは「トラネキサム酸」が主成分です。

トラネキサム酸には血液を溶かす物質をおさえて止血する役目があり、その役目に関連づいて炎症をやわらげシミをおさえる働きがあります。

トラネキサム酸が入っている市販薬で代表的なものは「トランシーノ」になります。

この2つはあくまで私が処方されている薬で、調べてみるとそばかすを薄くする方法に効果があるとされている薬になります。

あなたに合ったお薬を飲むには皮膚科に行くのがいちばん確実です。

また、ドラッグストアでも、必ず薬剤師や登録販売者にそばかすで悩んでいることや現在飲んでいる薬などを相談してから買うようにしましょう。

 

 

そばかすを消す方法に使えるクリームおすすめ4選

薬は飲み忘れてしまうから、クリームでそばかすを消す方法はないのかな?と思っているあなた。

クリームを使ってそばかすを薄くする方法もありますよ。(効果には個人差があります。)

美白クリームといえばお値段が高いイメージがありますが、お手頃なものも売られています。

そばかすを消す方法として、お手頃なお値段のクリームを試してみたいというあなたにおすすめの美白クリームを4つ紹介します。

2000円未満で中学生でも買えそうなものを探してきましたので、参考にしてみてくださいね。

 

無印良品 敏感肌用薬用美白クリーム

こちらは無印良品で売っている、そばかすを薄くしたり防いだりするのに効果的な成分「ビタミンC誘導体」配合美白クリームです。

無香料、無着色、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリーという5つのフリー処方で使いやすいですよね。

無印良品 敏感肌用薬用美白クリーム
容量:45g
値段:1390円(税込)

 

ちふれ 美白クリーム AR

こちらはお手頃価格で人気がある、ちふれの美白クリームになります。

メラニンの生成を抑えて、そばかすを薄くしたり防いだりするのに有効な美白成分「アルブチン」を配合している美白クリームです。

保湿成分「ヒアルロン酸」を配合しているので乾燥が気になるあなたにもおすすめです。

ちふれ 美白クリーム AR
容量:35g
値段:1210円(税込)

 

肌ラボ 白潤プレミアム 薬用浸透美白クリーム

こちらは肌ラボの白潤プレミアム美白クリームです。

肌ラボはドラッグストアでもよく見かけますよね。購入のしやすさはNo.1かもしれません。

美白有効成分の「ホワイトトラネキサム酸」がメラニンの生成を抑えて、そばかすを防いでくれます。

また、うるおい成分「ナノ化ヒアルロン酸」「ビタミンC誘導体」「ビタミンE」も配合されていて健康な肌に導いてくれますよ。

肌ラボ 白潤プレミアム 薬用浸透美白クリーム
容量:50g
値段:オープン価格(店舗でご確認ください)

 

ロート製薬 メラノCC 薬用しみ対策 保湿クリーム

最後にご紹介するのは、ロート製薬のメラノCC保湿クリームです。

ビタミンC誘導体とビタミンE誘導体のWビタミンによって、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ美白クリームになります。

ロート製薬 メラノCC 薬用しみ対策 保湿クリーム
容量:23g
値段:オープン価格(店舗でご確認ください)

以上、美白クリームを4つ紹介してきました。美は1日にしてならず。習慣にすることが大切です。

ビタミンCやビタミンEが配合されているクリームが多いことからも、食事でビタミンCやビタミンEをとった方がそばかすにはよさそうだということが分かりましたね。

 

 

まとめ

  • そばかすはきれいに消せないけれど「薄くすること」「今以上に濃くしないこと」を目標に中学生でも気をつけられる
  • そばかすを消す方法として日焼け止めを塗ることは効果的
  • 夏場はSPF50・PA+++、夏場以外ならSPF30・PA+++の日焼け止めを使い、日焼け対策を1年中する
  • そばかすを消す方法としてビタミンCとビタミンEを多く含む食べ物を意識して取り入れることで身体の中から肌質が改善される
  • ゴールデンタイムに睡眠をとり、成長ホルモンを分泌させることでそばかすを消す方法の手助けとなる
  • ストレスはそばかすを消す方法をする上では大敵
  • そばかすを薄くするには、ビタミンCやトラネキサム酸が配合された薬を上手に使うことも有効
  • 美白クリームでそばかすを防ぐことができる

中学生でもできるそばかすを消す方法としてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか?

そばかすは遺伝的なものと生活習慣が組み合わされて、中学生のころに一番濃く出てきます。

そばかす自体は大人になるにつれて薄くなっていきますが、ケアをしていないとそばかすがシミへと進化をとげて濃く大きく残ってしまいます。

私のように大人になってから後悔することがないよう、あなたに合ったケアを探してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました