賃貸で壁掛け時計を設置するならニトリのフックがおすすめ!!

おすすめグッズ
スポンサーリンク

新しい環境に身を移す時、わくわくしますよね。

自分好みの家具やカーテンをそろえて、どんな部屋にしようか、あれこれ考えてしますよね。

そんな中、賃貸のアパートやマンションで壁掛け時計を使う時、あなたはどのように取り付けていますか?

まさか深く考えず、壁に釘をブスッ、なんてしていないですよね?

賃貸の壁に大きな穴を開けると、退去時に補修費用を請求されてしまうかもしれません。

でも安心してください。その問題、ニトリで解決できますよ。

ニトリには、壁をほとんど傷つけずに壁掛け時計を取り付けられるフックがあります!

ニトリのフックなら、賃貸の壁に大きな穴を開けることなく、安心して壁掛け時計を取り付けられます。

今回は、壁掛け時計を取り付けられるニトリのフックをご紹介していきます!

 

 

スポンサーリンク

賃貸で壁掛け時計を使うならニトリのフックがおすすめ

エプロン姿の女性の表情のイラスト「疑問」
賃貸で壁掛け時計を使うなら、ニトリの商品がおすすめです。

ニトリには、賃貸の壁に開く穴が目立たないフックがあります!

模様替えで配置を替える際にも、穴を気にしなくて済みますよ。

小さな画鋲などの穴なら賃貸の壁でもほぼ問題なく開けられるので、穴が目立たないニトリのフックをぜひ使いましょう。

また、ニトリでは壁掛け時計を買うこともできます。

ニトリの壁掛け時計はデザインが基本的にシンプルで、使う場所を選びません。

「売り場やサイトで見た時は良いと思ったけど、部屋においてみたらどうも合わない。」となることが滅多にありませんよ。

動物を模した、かわいらしいデザインの商品もあります。

カチカチ音のしないタイプ、電波時計など豊富なタイプも揃っています。

品数が多いので、部屋にぴったりの大きさやデザインの壁掛け時計が見つかるはずです。

せっかく選ぶなら、選択肢は多いほうが良いですよね。

一度どんな時計があるのか、ニトリで確認しておいて損はないと言えるでしょう。

壁掛け時計のフックを掛ける場所は、意外と小さいことがあります。

同じ店舗内で壁掛け時計とフックの大きさを確認できるのは、サイズが合わないといった事態を避けられるので嬉しいですね。

 

 

スポンサーリンク

賃貸の壁掛け時計を選ぶ方法をご紹介!

 お菓子を選ぶ子供のイラスト(男の子)

「壁掛け時計なんて、みんなそんなに変わらないんじゃない?」なんて思っていませんか?

壁掛け時計は1日に何度も見るものですし、壁に掛かっているものにはそれなりの存在感があります。

そこで、賃貸の壁掛け時計を選ぶ方法について、ご紹介していきます。今一度確認してみてはいかがでしょうか。

 

丁度いい大きさを選ぶ

賃貸の壁掛け時計は、丁度いい大きさのものを選びましょう。

まず、壁掛け時計の設置場所をあらかじめ想定し、スペースを確認しましょう。

意外に、壁掛け時計を設置する場所は限られていることが多いです。

なぜなら、タンスや棚、テレビなどを壁際に設置することが多いからです。

見やすさも考慮すると、なおさら設置できる場所は限られてくるはずです。

「小さいのを買えばすむ話じゃないか。」と思うかも知れませんが、小さい壁掛け時計を賃貸に設置すると、今度は見えづらくなってしまいます。

朝の忙しい時などにパッと時間を確認できるのが、壁掛け時計の利点です。

急いでいるときに壁掛け時計が見えづらかったら、ストレスがたまりませんか?

そのため、「圧迫感を感じない程度の大きさ」が壁掛け時計のベストになると思います。

 

音が静かなものを選ぶ

自分で気に入った時計を買ってきて、「今日は良い1日だったな。」なんて思いながら布団に入ったら、カチ、カチ、カチ、と音が気になる。

なんと原因は今日買ってきた時計!?そんなことはありませんか?

夜寝るときや部屋で作業するときに時計の音が気になるという場合は、時計を買う前に音の大きさを確認しておきましょう。

はじめからカチカチ音がならないタイプの時計や、夜間だけ秒針が止まり音がしないタイプの時計もあります。

以上、賃貸の壁掛け時計を選ぶ方法についてご紹介しました。

今回ご紹介した方法を参考に、あなたのお部屋にぴったりな壁掛け時計を選んでくださいね。

 

 

賃貸の壁掛けは重いものを選ばないほうがいい!

アパートのイラスト(建物)

賃貸のアパートやマンションを借りて、家具をそろえて片付けて⋯。ふと壁を目の前にして立ち尽くした経験、ありませんか?

入居の前に壁紙を新しくしてくれているのは嬉しいけど、汚れも傷もないきれいな壁に画鋲などで穴をあけてしまうことには抵抗がありますよね⋯。

そもそも壁に何かを掛けるため、画鋲などを使うことは大丈夫なの?と思いませんか?

実のところ、画鋲やピンなどで賃貸の壁に小さな穴を開けることは、問題がないことが多いです。

ただし、重いものを掛けるために釘などで穴を開けた場合、修復を求められる場合があります。壁に重たいものを掛けないほうが良いでしょう。

賃貸のアパートやマンションを借りる場合は、ほとんど「原状回復」が義務付けられています。

「原状回復」とは、入居者が賃貸のアパートやマンションから退去するとき、部屋を入居時と同じ状態に戻すことを指します。

重いものを壁に掛けようとして釘などで壁に穴を開けた場合、「原状回復」を求められることが多いです。

つまり、借りた側が壁を修繕しなくてはいけないということです。

ただし、月日が経って自然と劣化したものや普通に生活する上で痛んだものは、「原状回復」の範囲に含まれません。

普通に生活していれば多少は汚れや損傷ができるものです。無傷で返せというのは無理ですよね。

壁掛け時計を壁に掛けて生活することは普通のことです。

そのため画鋲などで壁掛け時計を取り付けることは、「原状回復」の範囲からはずれるのです。

どうして画鋲はいいのに、釘などを使うのはダメなの?

重いものを壁に掛ける場合は、釘など太く長いものを壁に打ちつけますよね。

太く長いものを壁に打ちつけた場合、壁紙だけでなく下地となるボードまで張替が必要となるため、「原状回復」を求められてしまうのです。

また、ドアやふすまであれば、画鋲程度の穴でも修繕を求められる場合があります。

壁に比べて穴が目立つことや修復が難しいことがその理由となります。

画鋲などを使って壁掛け時計を設置することは「原状回復」の範囲から外れることがわかりました。

しかし、壁の穴は目立たせないに越したことはありませんよね。

ご紹介したニトリのフックを利用して、壁に大きな穴を開けずに壁掛け時計を設置しましょう!

 

 

まとめ

  • 賃貸で壁掛け時計を使うならニトリのフックがおすすめ
  • ニトリでは壁掛け時計を買うこともできる
  • 賃貸の壁掛け時計は、丁度いい大きさで音が静かなものを選ぶと良い
  • 画鋲やピンで賃貸の壁に穴を開けることは問題がない場合が多い
  • 重たいものを掛けるため、釘などで賃貸の壁に穴を開けると「原状回復」を求められる場合がある

時間を確認するならスマートフォンでもできますが、忙しい時にパッと確認できる壁掛け時計があると便利ですよね。

ニトリには壁に大きな穴を開けることなく壁掛け時計を取り付けられるフックがあります。

こちらの商品を利用して、ぜひお気に入りの壁掛け時計をインテリアの一部としてお部屋に飾ってくださいね。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました