ステッキチェアがおすすめ!?機能と選び方のポイントはこれだ!!

おすすめグッズ
スポンサーリンク

まだまだ元気だけど、年齢を重ねて足腰に不安を覚えたあなた。

「杖なんて、まだそんな年じゃない。」と思われるかもしれません。

でも「転ばぬ先の杖」と言いますよね。何か良くないことが起こる前に、準備しておいた方が良いですよという意味です。

ことわざになるくらい、転ぶことは身近で怖いのですよ。

歳を重ねると身体の衰えで転倒しやすくなりますし、骨折のリスクも高くなります。

転倒して大変なことになる前に、ステッキチェアがおすすめです。

ステッキチェアはイスにもなるので、ちょっと腰掛けるのにも便利ですよ。

杖に抵抗があるあなたにもぜひおすすめです。今回はおすすめステッキチェアを、選び方も含めてご紹介いたします。

 

 

スポンサーリンク

ステッキチェアはおすすめ!!便利な機能を検証

はてなんだっけ

ステッキチェアとは「ステッキにもなる折りたたみイス」のことです。

主に足が3本あり、イスとして使う時に広げます。カメラに使う三脚をイメージしていただけるとわかりやすいかと思います。

座面は通常のイスと比べれば小さく、座り心地がいいとは言えないでしょう。

しかし、ステッキチェアはあなたにとてもおすすめです。

なぜなら、ステッキとしての側面があるので、折りたたみイスに比べて持ち運びがとても楽だからです。

ステッキの柄、イスの足となる部分はアルミ製のものが多く、重さが1kg以下がほとんどです。

出かけた先でほんのわずかな待ち時間にスッと腰掛けることができておすすめです。

例えば、ショッピングモールでの買い物中や列に並んで待っている間、ゴルフでラウンドして順番を待っている間など。

または、神社仏閣をめぐっていると何かと階段があったり、坂道があったりしますよね。そんな時にステッキとして使い、疲れた時にちょっと座ることができます。

ステッキチェアは良くお出かけされるアクティブなあなたへ、特におすすめなのです。

 

 

スポンサーリンク

ステッキチェアの選び方とは?ポイントは3つ!

ステッキチェアを選ぶ際にはどのような点に気を付けたらよいでしょうか。

ステッキチェアの選び方には3つポイントがあります。

  • 長さ
  • グリップ
  • 材質

ステッキチェアの選び方を1つずつ確認していきましょう。

 

長さ

ステッキチェアの目安となる長さはあなたの身長によって異なります。

目安となる長さを求める数式は、身長(cm)÷2+3cm】です。身長は靴を履いた状態で測ってください

あくまで目安ですので、実際手に取って確かめてみるのが良いでしょう。

ステッキは長くても短くても良くありません。正しい歩行姿勢が取れなくなってしまうためです。

目安となる長さは下記の通りです。ご参考になさってみてください。

身長(cm) ステッキの長さ
140 73
142 74
144 75
146 76
148 77
150 78
身長(cm) ステッキの長さ
152 79
154 80
156 81
158 82
160 83
162 84
身長(cm) ステッキの長さ
164 85
166 86
168 87
170 88
172 89
174 90

長さを調節できるタイプのステッキチェアもあります。

実際に触ってみてもしっくりくる長さが分からない、というあなたは、このタイプを選ぶことをおすすめします。

 

グリップ

グリップはT字型、L字型、丸型などの種類があります。

ステッキチェアの選び方で大事なポイントは、握った時にしっくりくるものを選ぶことです。

グリップの形と手の大きさや握力によって変わってきますので、実際に確かめられるなら、確かめておきましょう。

 

材質

ステッキとしてもイスとしても、選ぶ際は材質に気を付けたいところです。どちらの用途も強度と軽さが求められます。

ステッキチェアで一番多く使用されている材質は、アルミです。

比較的安い価格で手に入るステッキチェアに多く使われていています。

木材と比べて軽く、腐食しにくいので、気軽に使いたい場合はアルミでつくられたステッキチェアがおすすめです。

軽さで選ぶなら、カーボンファイバーがおすすめです。

軽くて丈夫なのですが、加工が難しいため価格が高めになります。

ステッキのイメージと言ったら、木材でつくられたものではないでしょうか。

木材の特徴はやはり木目や色合いの美しさが挙げられます。他の材質でもいろいろなデザインがありますが、おしゃれさで言えば木材がおすすめです。

3つの材質を軽いものから並べると、カーボンファイバー>アルミ>木材となります。

重さと価格は材質によって変わってくるので、まず材質から選んでみるといいかもしれません。

 

 

ステッキチェアはプレゼントにおすすめ!?

ブラウンギフトボックス

ステッキチェアは、プレゼントにもおすすめです。

体力が落ちてきた、足腰に不安を覚えてきた、そんなお年頃の方があなたの身近にいらっしゃいませんか?

また、そんな方へのプレゼントに悩まれた経験、ありませんか?

私はあります。60歳中頃の父に贈るプレゼントでしたが、結構悩みました。

お酒が好きなのですが、医者から控えるように言われていたため、プレゼントすることはできませんでした。

加えて、父は趣味の道具を自分でそろえる性格だったので、私には何をプレゼントすればいいのか分かりませんでした。

そんな時にネットで見つけたのがステッキチェアです。

「ステッキをプレゼント」というとなんだか父を必要以上に年寄り扱いしているような感じがして、抵抗がありました。

でもステッキチェアはイスにもなるので、父にとって便利だろうとも思いました。

最近疲れやすいのか、出かけてもすぐ座るようになっていたことも、ふと思い出しました。

プレゼントした時は、やはり渋い顔をしていましたが、「イスにもなるからとりあえず使ってみて」と、ステッキという点を強調せずにプレゼントしてみました。

それから、ちょっとした時にすぐ座れるということで気に入ってくれたようでした。

気に入ってもらえてよかったですし、私としては「転ばぬ先の杖」として持ち歩いてくれるので、少し安心できました。

ステッキを持つには少し早いかも知れない、まだまだ元気に歩けるのにステッキを持つことへ抵抗を感じる。

イスとしての側面を持つ「ステッキチェア」なら、そのような方にも受け入れてもらえるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

老紳士

  • ステッキチェアとは「杖+イス」なので活動的なあなたにおすすめ
  • ステッキチェアの選び方は、長さ・グリップ・材質に気を付ける
  • ステッキチェアは年配の方へ贈るプレゼントにもおすすめ

年齢を重ねるとどうしても身体が衰えてくるものです。ただ、それを認めたくない気持ちもよく分かります。

一方で周囲の方が「転倒しそうで心配」という気持ちを持っていることもご理解いただけるのではないでしょうか。

今回おすすめしたステッキチェアで、お互いの気持ちを大切にしつつ、ぜひ転倒のリスクに備えてみましょう。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました