ウーバーイーツの支払い方法は現金も選べるが地域や金額に条件あり!

おすすめ情報
スポンサーリンク

私は、週末や祝日などに年間で100回前後フードデリバリーサービスを利用しています。

その100回で、ウーバーイーツは2回利用しただけでした。支払い方法に現金がなかったからです。

しかし、ウーバーイーツには他のフードデリバリーへ登録されていない魅力的な店もあります。

食べてみたい料理はあるのに、支払い方法で現金が選べないと残念ですよね。

あなたも、現金で払えないため注文をあきらめた経験はありませんか?

ついに、ウーバーイーツの支払い方法へ現金が追加されました。しかし、一部地域や合計金額などによっては利用できない場合もあります。

今回は、ウーバーイーツで支払い方法に現金を利用する場合、注意したい点などまとめました。

現金主義のあなたももう大丈夫です。ウーバーイーツでおいしいグルメを楽しみましょう!

 

 

スポンサーリンク

ウーバーイーツの支払い方法は現金も選べるが条件あり

かつて、ウーバーイーツの支払い方法はクレジットカードとデビットカードしかありませんでした。

したがって、ウーバーイーツは現金主義だと利用しにくいサービスだったのです。

私も支払い方法に現金がないという理由でウーバーイーツの利用を控えていました。

食費や外食費をクレジットカードで払うと、いくら使ったか分かりにくくなるためです。

しかし、ついにウーバーイーツの支払い方法へ現金が追加されました!上限金額や地域など条件により利用できない場合はありますけれど、クレジットカードがなくても注文可能です。

デメリットもありますが、現金の利用を待ち望んでいたあなたにとっては嬉しいニュースですよね。

では、ウーバーイーツの支払い方法を現金にする設定や、利用できる条件と注意点も解説します。

 

支払い方法を現金とするには地域や金額など条件がある

ウーバーイーツで支払い方法に現金を利用する場合、条件や制限があります。

以下に該当する場合、支払い方法を選択する際「現金」の項目が表示されないため利用できません。

  • 支払い金額が配送料を含めて10,000円(税込)以上になる場合
  • 現金払いに対応していない地域へ配達を頼む場合
  • 注文に酒などアルコール商品が含まれている場合
  • テイクアウト注文の場合
  • アカウントに未納金がある場合

支払い金額が合計で10,000円(税込)を超えると現金は利用不可です。テイクアウト注文やお酒を頼む場合も現金払いは利用できません。

合計が10,000円(税込)を超える場合や、お酒などの注文はクレジットカードで支払いましょう。

また、2021年9月現在、以下に挙げた都市の一部地域では支払い方法として現金を利用できません。

新潟市・前橋市・高崎市・富士市・岐阜市・和歌山市・四日市市・高知市・下関市・飯塚市・佐賀市・長崎市・佐世保市・沖縄市

以前の注文で未納金がある場合も支払い方法に現金を選択できません。

その場合、未納金を支払えば利用できるようになりますよ。

また、支払い方法に現金を選択すると、置き配が利用できなくなります。

置き配を利用したい場合は、他の方法で支払うようにしてくださいね。

 

支払い方法を現金にする設定も簡単!手順は2パターン

ウーバーイーツで支払い方法を現金へ変更するのは簡単にできます。

変更するタイミングによって手順が多少違いますので、それぞれ紹介しますね。

まずは、支払い方法をあらかじめ現金に設定する手順です。

【支払い方法をあらかじめ現金に設定する手順】

  1. 画面の右下にある「アカウント」をタップする
  2. 「Wallet」をタップする
  3. 「支払い方法を追加」へタップする
  4. 「現金」を選択する

「アカウント」は画面右下にある人型のアイコンです。また、「Wallet」は「お支払い」と表記されている場合もあります。

続いて、注文時に支払い方法を現金へ変更する手順です。

【注文時に支払い方法を現金払いへ変更する手順】

  1. 注文する商品をカートに入れる
  2. 画面下部の「カートを見る」へタップする
  3. 画面を下へスクロールし現在選択中の支払い方法が表示されている箇所にタップする
  4. 「支払い方法を追加」へタップする
  5. 「現金」を選択する

後ほどくわしく説明しますが、現金を選択した場合、他の支払い方法へ変更不可となる点に注意してください。

「現金の手持ちがなかったからクレジットカードで支払いたい」という場合も変更は不可能です。

注文を確定させる前にお金の用意ができるか確認しましょう。

 

現金を利用するならおつりが出ないように用意する

支払い方法を現金にする場合、商品代金はおつりが出ないよう用意しましょう。

ウーバーイーツのサイトに、おつりが発生しないよう商品代金はぴったり用意してほしいと記載もあります。

配達員がおつりを持ち合わせていない可能性もあるためです。

やむを得ずおつりが発生してしまう場合は、あらかじめ配達員へメッセージで連絡するとスムーズに受け渡しできます。

「1万円札でお支払いします。おつりをお願いします」など、連絡しておけば配達員も用意ができますね。

また、現金払いを利用する際は、事前に支払い方法がクレジットカードなどへ変更されていないかしっかり確認しましょう。

クレジットカードなどを利用する設定となっていながら、商品受け取りの際に現金で支払うケースもあるからだそうです。

もし、あやまって二重に支払いをした場合は、ウーバーイーツのアプリやサイトから問い合わせましょう。

 

 

スポンサーリンク

ウーバーイーツ支払い方法のメリットは現金だと少ない

2021年9月現在、ウーバーイーツで利用可能な支払い方法は以下の6種類です。

  • 現金
  • 各種クレジットカード
  • デビットカード
  • LINE Pay
  • Apple Pay
  • PayPay

ウーバーイーツの支払い方法に現金が追加されました。

現金主義でもウーバーイーツが使いやすくなりましたね!

しかし、現金を利用して受けられるメリットは他の支払い方法より圧倒的に少数です。ウーバーイーツで現金払いを利用するには多くのデメリットも存在します。

他の支払い方法には、トラブル回避も可能なことや非対面でよいなどメリットが多くあります。

そこで、現金と他の支払い方法それぞれにあるメリットやデメリットを紹介します。

現金以外の支払い方法もメリットやデメリットを知っていれば、上手な使い分けができるようになりますよ。

ウーバーイーツをより便利に利用できることうけあいです!

 

支払い方法のメリットを紹介!現金はデメリットが多め

ここでは、「現金」「クレジットカード・デビットカード」「LINE Pay・Apple Pay・PayPayなどオンライン決済」の3つに分けてメリットとデメリットを紹介します。

現金のメリットとデメリット

日本人には現金主義が多いそうです。私もまた、ウーバーイーツへ現金が導入されたことで便利になったと感じている一人です。

しかし、ウーバーイーツでの現金利用はあまりメリットを得られません。一方でデメリットが多めとなっています。

以下でメリットやデメリットについて解説しますね。

  • 手元の現金で支払うため使いすぎを防げる
  • カード情報を登録せずにウーバーイーツが利用できる

ウーバーイーツで現金払いを利用するメリットは主にこの2つです。

クレジットカードなどは現金と違い、目に見えないところで金銭のやり取りが発生します。

クレジットカードの場合、使いすぎていないか不安になることもありますよね。

しかし、現金ならば増減が目に見えるので安心です。

また、ウーバーイーツからカード情報が流出するかもしれないと不安に感じる場合、現金ならば番号など登録は不要なため安心して利用できます。

  • 配達員とのやりとりが必要になる
  • 置き配を利用できない
  • 酒類など注文できない商品がある
  • テイクアウト注文が不可能である
  • 10,000円(税込)の注文上限金額があるためグループ注文する際は不便である
  • おつりを間違えるなど金銭トラブルが起こるおそれもある
  • 現金に対応できる配達員がいない場合は届けてもらえない

ウーバーイーツでは現金払いの場合、利用できるサービスが限られています。

それが現金払いにとって最大のデメリットです。

現金のやり取りが必要となるため、置き配は利用できません。

酒類やテイクアウト注文もトラブル回避のため現金では不可となっています。

テイクアウトなら店まで取りに行くのだから問題ないのでは?

こういった疑問をお持ちになったかもしれませんね。

しかし、注文者が取りに来なかった場合は店の損失となってしまいます。

そういった事態を防ぐため、後払いである現金が使用不可になっているのです。

また、おつりを間違ってトラブルに発生する可能性があるため、現金払いへ対応しない配達員もいます。

現金で支払う場合、客側はおつりが出ないように金銭を用意する必要もあります。

一方の配達者もおつりを十分に用意しなければなりません。

10,000円(税込)までとなっているのも、金銭管理で配達員に負担をかけさせないためだそうですよ。

現金で支払えるのは助かりますけれど、配達員や店へ負担をかけている可能性があることも忘れずにいたいですね。

クレジットカード・デビットカードのメリットとデメリット

クレジットカードはウーバーイーツでもっとも自由度の高い支払い方法といえるでしょう。

クレジットカードならウーバーイーツで買えないものはありません。

さらに、日本国内で発行されているほとんどのクレジットカードが利用可能です。

デビットカードの場合は一部利用不可な場合もありますけれど、クレジットカードとほぼ同じ使い方ができます。

  • 対応している店舗が多い
  • 商品を受け取る際のやり取りが少なく済む
  • 置き配を利用できるため配達員に会わなくてもよい
  • 注文できない商品や支払金額の上限などがない
  • おつりを間違うなどのトラブルが起こりにくい
  • 注文後に支払い方法を変更できる

現金のやり取りが発生しないため、注文後は配達員から商品を受け取るだけです。

おつりを間違えられたり、現金払いに対応する配達員がおらず届けてもらえなかったりという事態も避けられますよ。

また、置き配の利用で、配達員と顔をあわせる必要すらなくなります。

パジャマやすっぴんでも怖くありません!

女性の一人暮らしなどで防犯面に不安がある場合も、置き配なら安心してウーバーイーツを利用できます。

酒類やテイクアウトもクレジットカード・デビットカードなら注文可能です。

注文後に支払い方法を変更できるのもメリットですね。

違うカードを使いたい場合は30日以内なら支払い方法の変更ができます。

  • 注文金額に上限がないためつい注文しすぎてしまう恐れもある
  • 一部のデビットカードは使用できない場合もある
  • デビットカードの場合は口座残高が不足していると決済できないこともある

クレジットカードの場合、デメリットはほとんどありません。

頼みすぎてしまう点は、品数が多くなるグループ注文の場合に気をつけたいですね。

デビットカードの場合は、口座残高が不足していると決済できないため注意してください。

LINE Pay・Apple Pay・PayPayなどオンライン決済のメリットとデメリット
LINE PayやApple Pay、PayPayなどのオンライン決済も、ウーバーイーツでは便利に使える支払い方法です。
  • 金銭トラブルが起きにくい
  • ポイント還元やキャッシュバックなども受けられる
  • お得なキャンペーンが案内される頻度も高い
  • 置き配を利用できる

メリットはクレジットカードを利用した場合とほとんど変わりません。

しかし、オンライン決済はお得なキャンペーンやポイント還元などが高い頻度でおこなわれています。

少しでも支払い金額は安くおさえたい場合、オンライン決済を利用するとよいですね。

  • 残高が不足している場合は注文できないこともある
  • QRコード決済は不可能である
  • 注文後の支払い変更先として選択できない

チャージ金額の残高が不足している場合、注文できないこともあります。

あらかじめ残高のチェックをしておくと安心ですよ。

また、オンラインでの支払いとなるため、QRコードを利用した決済はできません。

注文後に支払い方法をオンライン決済へ変更したいと思っても、選択できない点はデメリットです。

しかし、オンライン決済とクレジットカードで支払い方法を迷う場合もありますよね。

その場合、注文時はオンライン決済を選んでおくと後でクレジットカードへ変更することも検討できますよ。

 

 

ウーバーイーツの支払い方法変更は注文後現金だと不可

 

ウーバーイーツで注文したけれど現金が足りなかった!クレジットカードへ支払い方法を変更したい…

こういった場合、他の支払い方法が使えると助かりますよね。

ところが、現金を選択している場合に注文後の支払い方法変更はできません。ウーバーイーツの支払い方法変更は、商品を受け取った後に可能となるためです。

したがって、商品受け取り前に支払い方法を変更することは不可能なのです。

現金で支払う場合は、注文確定ボタンを押す前に商品代金が用意できるか確認してくださいね。

クレジットカードやオンライン決済などを注文時に選択していた場合、30日以内なら注文後でも支払い方法の変更ができます。

しかし、クレジットカードやオンライン決済などから現金へは支払い方法を変更できません。

そこで、注文後の支払い方法が変更可能な条件や手続きについて説明します。

 

現金以外の支払い方法は注文後クレジットへ変更できる

クレジットカードやデビットカード、Apple Pay・LINE Pay・PayPayなどのオンライン決済を選んでいる場合は、注文後30日以内なら支払い方法が変更可能です。

しかし、支払い方法の変更にもさまざまな条件があります。

現金の場合は支払い方法を変更すること自体が不可能であるため注意してくださいね。

【ウーバーイーツで注文後に支払い変更が可能な条件】

  • 支払い方法がクレジットカード・デビットカード・オンライン決済のいずれかである
  • 注文した商品を受け取った後である
  • 注文後30日以内である
注文時の支払い方法
変更できる支払い方法
現金変更不可
クレジットカード
デビットカード
クレジットカード
デビットカード
LINE Pay
Apple Pay
PayPay
クレジットカード
デビットカード

注文後に支払い方法を変更する場合は、クレジットカードやデビットカードが利用可能です。

LINE Payなどオンライン決済の場合、クレジットカードへ変更できます。

しかし、クレジットカードからオンライン決済へは変更できません。

LINE PayからApple Payへ変更するなど、別のオンライン決済を選ぶことも不可能となっています。

また、支払い変更は、注文した商品を受け取った後からできるようになります。

したがって、商品を受け取る際は注文時に指定した支払い方法が適用されるのです。

そのため、現金を選択した場合は支払い方法も変更できません。

さらに、支払い方法が変更できるのは注文後30日以内となっています。

10月1日に注文した場合、10月30日まで支払い方法を変更可能です。

支払い方法を変更したい場合は、できる限り早めに手続きしてくださいね。

支払い方法を変更した後、すぐに領収書などへ反映されない場合があります。

数日おくと変更が反映されるため、あせらず待ちましょう。

注文後に支払い方法を変更する手順

注文後に支払い方法を変更する手続きは、以下の手順でおこないます。

  1. 変更後に利用したいクレジットカード情報をアカウントへ登録する
  2. 変更後利用したいクレジットカードのブランドと番号下4桁を確認しておく
  3. ウーバーイーツアプリ画面下部の「注文」をタップする
  4. 「以前の注文」から支払い方法を変更したいものへタップする
  5. 「領収書を表示」へタップする
  6. 「支払い方法を切り替える」へタップする
  7. あなたの状態へあてはまるボタンをオンにする
  8. 2で確認しておいたクレジットカードのブランドと番号下4桁や詳細を入力する
  9. 送信をタップする

クレジットカードを登録する手順は、現金の場合と同じです。

他も特にむずかしい点はないため、すんなり手続きができますよ!

変更したいと思った時に一番重要なのは、早く手続きすることです。

面倒に感じるかもしれませんが、すぐ終わるので早く済ませてしまいましょう!

 

 

まとめ

  • ウーバーイーツの支払い方法は現金も選べる
  • ウーバーイーツは地域や金額によって現金払いができない場合もある
  • 現金で払う場合はお釣りが出ないように用意しておく
  • 現金払いは得られるメリットが少ない
  • 現金払いは注文後に支払い方法が変更できない

ウーバーイーツの支払い方法に現金が追加され、とても使いやすくなりました。

しかし、ウーバーイーツでは現金だと注文できない商品や制限がたくさんあります。

そうした場合、クレジットカードなど他の支払い方法でカバーすると便利に利用できますよ。

あなたもウーバーイーツで気軽にお店の味を楽しみましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました