ゆで卵ダイエットのデメリットは栄養バランス!効果とやり方を解説!

おすすめ情報
スポンサーリンク

ゆで卵ダイエットは手軽にチャレンジすることができます。メディアでも取り上げられるなど、注目されているダイエットです。

私も「ゆで卵がダイエットにいいらしい」という情報だけを聞いて、何も考えずひたすらに食べてみた経験があります。

当時、私の体重は変わらないという結果に終わりました。ただ「ゆで卵を食べる」というだけでは、ダイエットになりません。

ゆで卵ダイエットにはデメリットもあります。それは、栄養バランスが偏りやすいことです。

私のようにデメリットを知らず、せっかくのチャレンジが無駄になるともったいないです。

ここでは、ゆで卵ダイエットのデメリットと効果、やり方について解説していきます。

きちんと方法を知って、効果的に取り組みましょう!

 

 

スポンサーリンク

ゆで卵ダイエットのデメリットは栄養バランス

ゆで卵ダイエットは万能なダイエット方法ではありません。デメリットもあります。

ゆで卵ダイエットのデメリットは、栄養バランスが偏りやすいことです。

ゆで卵はビタミンCと食物繊維を含まない食品です。ゆで卵は体に必要な栄養素を多く含みます。

しかし、他の食品で補わないといけない栄養素もあるのです。

例えば、ビタミンCなら、ピーマンやパプリカなどの野菜、キウイやイチゴなどのフルーツから摂取することができます。

食物繊維は、キャベツやセロリなどの野菜、キノコや海藻から摂取できます。

これらの食品も1日の中にしっかりと取り入れながら、バランスの良い食事を心がけましょう。

デメリットはもう1つあります。ゆで卵に付ける調味料です。

ゆで卵を毎日食べ続けると味に飽きてしまうこともあるでしょう。

飽きてきたところで、ついつい使ってしまいがちな調味料がマヨネーズです。

マヨネーズはダイエットの大敵です。大さじ一杯で約80kcal、糖質は0.4g、脂質は9.1gと避けたい要素がたっぷり入っています。

せっかくのダイエット中なのに、使ってしまってはもったいないです。

しかし、同じ味を毎日食べるのは大変でしょう。

そんなときには塩、スパイスやめんつゆなどを役立てみてはいかがでしょうか。ゆで卵を飽きずに食べられますよ!

くれぐれも塩分の摂りすぎには注意してくださいね。

 

 

スポンサーリンク

ゆで卵ダイエットの効果が出る理由は3つ!

納豆やバナナ、りんごなど、たくさんの「◯◯ダイエット」が話題になってきました。なぜゆで卵はダイエットに効果的と言われているのでしょうか。

ゆで卵ダイエットに効果がある理由は、3つあります。

 

低糖質である

ダイエットの敵と言われる糖質。ゆで卵に含まれる糖質量は、なんと1個当たりたったの【約0.2g】なんです!

お茶碗一杯のごはんに含まれる糖質が【約57g】です。その糖質の少なさは一目瞭然ですよね。

糖質には血糖値を上昇させる働きがあります。そうすると、体に脂肪が付きやすくなってしまいます。

ゆで卵は食べても血糖値を大きく上昇させない、魅力的な食品なのです。

 

体に良い栄養素が入っている

ゆで卵は「完全食品」と呼ばれるほど、栄養素が多く含まれています。

中でも、タンパク質は体作りを助けてくれる性質があります。筋肉がつけば代謝が上がり、痩せやすい体になります。

そのため、筋力を付けたいという目的のあなたには、効果的な食品です。

 

お腹がすきにくくなる

ダイエットと聞いて苦しいイメージがあるのが、空腹です。

固めにゆでた卵はしっかり噛んで食べます。そのため、自然と咀嚼回数が増え、少ない量でも満腹感を感じられるでしょう。

また、生卵よりも消化に時間がかかるので腹持ちがよくなります。半熟ではなく、しっかり黄身が固まるまで茹でて食べましょう。

 

 

ゆで卵ダイエットは朝夜いつでも取り入れられる!

ゆで卵ダイエットの主な方法は3つあります。朝から夜までいつでも取り入れやすいです。

ここからは、ゆで卵ダイエットの方法について解説します。

自分自身の生活リズムや好みに合った方法を探してみましょう!

 

朝食で食べる方法

毎日の朝食をゆで卵に置き換えてみましょう。

調理が簡単なゆで卵なら忙しい朝にぴったりですね。

ゆで卵はタンパク質を豊富に含みます。タンパク質を朝に摂ると、1日のエネルギー消費量を増やす効果があります。

「普段は朝食を抜いてしまう」というあなたも、一つでも食べてみてはいかがでしょうか。1日の代謝をアップさせることができますよ!

 

おかずをゆで卵に置き換える方法

おかずをゆで卵に置き換えるのもおすすめです。

ゆで卵のカロリーは【約150kcal】です。

晩御飯の唐揚げやコロッケを置き換えるだけで、摂取カロリーが抑えられます。糖質を避けることもできるので一石二鳥ですよ!

 

間食を置き換える方法

毎日の間食がやめられないのよね…。

そうお思いのあなた。私もそのお気持ちわかります。

間食のチョコレートやポテトチップスをゆで卵に置き換えてみましょう。

菓子類は糖質を多く含みます。低糖質のゆで卵に置き換えるだけで糖質カットできますよ。

低糖質かつ満腹感を得られるゆで卵は「ちょっと小腹が空いたな」「気分転換に間食をしたい!」というときにぴったりです!

 

 

まとめ

  • ゆで卵ダイエットのデメリットは栄養バランスが偏りやすいこと
  • ゆで卵ダイエットのデメリットは調味料が高カロリーになりがちなこと
  • ゆで卵は低糖質なので血糖値の上昇を抑えられる
  • ゆで卵はタンパク質などの栄養素が多く入っている
  • 完熟のゆで卵では食べごたえ抜群で、お腹がすきにくくなる
  • ゆで卵は朝から晩までいつでも取り入れやすい
  • ゆで卵で摂取できない栄養素は他の食事に気を付ける

ゆで卵ダイエットのデメリットをしっかり把握しておけば、効果的にダイエットできますよ。

バランスよく取り入れて、健康的に目指しているスタイルを手に入れましょう!

きっとあなたにあったゆで卵ダイエットが見つかるはずです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました