モスチキンをおすすめしない理由3つを紹介!口コミやおすすめバーガーも

おすすめ情報
スポンサーリンク

サクサクっとした食感と、お醤油の味付けが美味しいモスチキン。

1992年から販売されているロングセラー商品ですよ。私も大好きです♪

しかし、モスチキンには、「おすすめしない」という意見もありました。

モスチキンが「おすすめしない」と言われる理由は、以下の3つです。

  • 成型肉だという噂があるから
  • 中国産だから
  • 値段が高いから

これらの理由をみると、モスチキンを食べるのが心配になってきますね…。

今回は、モスチキンが「おすすめしない」と言われる理由3つについて、詳しく解説します。

また、モスチキンの口コミや、モスチキンとセットで食べると美味しいバーガーもご紹介。

モスチキンには「おすすめしない」という意見がありますが、良い口コミもたくさん♪

ご紹介するバーガーと一緒に、ぜひお楽しみください。

スポンサーリンク

モスチキンはおすすめしない?理由3つをご紹介!

残念ながら、モスチキンには「おすすめしない」という意見もあります。

私はモスチキンが大好きなのですが、なんで「おすすめしない」なんて言う人がいるのでしょう…?気になるところです。

モスチキンが「おすすめしない」と言われる理由は、以下の3つ。

  • 成型肉だという噂があるから
  • 中国産だから
  • 値段が高いから

今後モスチキンを食べるか迷うような理由が並んでいますね。

それでは、モスチキンが「おすすめしない」と言われる理由について、詳しくみていきましょう。

整形肉だという噂があるから

モスチキンをおすすめしない理由1つ目は、「成形肉だという噂があるから」です。

成形肉ってなに?

成形肉とは、切れ端などの小さなお肉を人工的に柔らかくし、固めたもの。

例えば、スーパーで売られているサイコロステーキ用のお肉は、成形肉であることも多いですよ。

成形肉は、加工の際に添加物が使用されています。「成形肉=危険」とは必ずしも言えませんが、添加物が気になるあなたは控えたほうがいいでしょう。

モスチキンって成形肉なの?

モスチキンは成形肉と噂されていますが、本当に成形肉かどうかは不明です。

公式サイトによると、モスチキンは以下の手順で作られているそうですよ。

モスチキンができあがるまでの手順
  1. 胸肉と手羽元を一枚ずつ手作業でカットする
  2. 下味をつける
  3. 形をきちんと整えながら並べる
  4. 衣づけする
  5. フライし、急速冷凍させる
  6. お店で揚げる

モスチキンには、胸肉と手羽元が使用されています。

胸肉と手羽元は、隣り合った部位。胸肉を、手羽元も残した状態でカットしているようですね。

この説明を見る限り、成形肉を使っている印象は受けません。

じゃあどうして成形肉かもっていう噂が流れているの?

モスチキンが成形肉と噂されている理由は、以下の通り。

  • チェーン店では成形肉が使われていることが多いから
  • モスチキンの形が、「胸肉+手羽元」の形に見えないから
  • 肉が骨からすぐ剥がれるから

もしかしたら成形肉かもしれないという怪しい点が、少々ありますね…。

よく振り返ると、モスチキンの調理手順「形をきちんと整えながら並べる」というポイントが、何らかの加工をしているとも読めます。

「成型肉でない!」というはっきりとした発表がないため、モスチキンが成形肉かどうか真偽は不明です。

そのため、「成形肉は食べたくないな」というあなたにはおすすめできません。食べない方が無難でしょう。

中国産だから

モスチキンをおすすめしない理由2つ目は、「中国産だから」です。

日本生まれのハンバーガーショップである、モスバーガー。

しかし、モスチキンに使用されている鶏肉は、中国産です。

国産のほうが安心なのに…。

中国産の食品においては、たびたび問題が起きていますよね。

私も報道を目にするたび、正直「中国産の食品は怖いな」と思ってしまいます。

中国産の鶏肉を使っているため、モスチキンを「おすすめしない」という意見があるようです。

ただし、「中国産=危険」「国産=安全」ということは、決してありません。

中国から輸入される食品は厚生労働省によって監視され、安全対策が行われています。

また、国産の鶏肉であっても問題が起こる可能性は0でありません。

産地だけを見て、過度に心配する必要はないでしょう。

値段が高いから

モスチキンをおすすめしない理由3つ目は、「値段が高いから」です。

2022年9月現在、モスチキンは1個280円(税込)。

スーパーなら100gあたり60円程度。もも肉よりも安価な胸肉を使用しているのにこの値段は、少々お高めかもしれませんね。

また、モスチキンと、チキンの代表格・ケンタッキーフライドチキンのオリジナルチキン、2つの値段を比べてみました。

 重量値段(税込)1gあたりの値段
モスチキン90g280円約3.11円
ケンタッキー
(オリジナルチキン)
87g260円約2.99円

1gあたりの値段は、モスチキンよりオリジナルチキンの方が安いです。

微々たる差ですが、特にまとめ買いするなら、1個の値段が安いとありがたいですよね。

より安くチキンを食べたいなら、モスチキンよりケンタッキーのオリジナルチキンを選んだほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

モスチキンをおすすめしない人もいるが口コミをチェック!

残念ながら、モスチキンには「おすすめしない」という意見がありました。

私は美味しくて大好きなのですが、以上でご紹介したような気になるポイントも。

モスチキンを食べるかどうか、要検討というところですね。

ここからは、私がSNSで調べた、モスチキンの口コミをご紹介していきます。

モスチキンは「おすすめしない」という意見もありますが、良い口コミもたくさん。

以下では、良い口コミと悪い口コミをそれぞれご紹介します。

あなたがモスチキンを食べるかどうか、口コミを見ながら考えてみてくださいね。

良い口コミ

モスチキンの良い口コミは、以下の通りです。ご覧ください。

  • たまにふと食べたくなる
  • ケンタッキーよりサクサクで美味しい
  • ザクザク食感が恋しくて食べたくなる
  • 持ち手のところ以外骨がないから食べやすい
  • 冷めても美味しい
  • 美味しすぎる

SNSではモスチキンの良い口コミがとってもたくさんありました♪

特に、食感がサクサクで美味しいという口コミが多かったですよ。

モスチキンは、衣に米粉を使用しています。この米粉が、小麦粉やそば粉では出せないサクサク感を作っているのです。

噛むたびに気持ちよくサクサクッと音がして、どんどん食べ進めたくなります。

また、「持ち手のところ以外骨がない」というのも嬉しいポイント。

胸肉の部分には骨がないため、骨を気にせずかぶりつけます。お子さんにも安心して食べさせてあげられますね。

もちろん味も好評。お醤油ベースで日本人が好む味付けに仕上がっています。

「おすすめしない」という意見もありますが、まだ食べたことがないなら、あなたにもぜひ一度味わっていただきたいです。

悪い口コミ

モスチキンの悪い口コミは、以下の通りです。ご覧ください。

  • 薄っぺらかった
  • 食べたら胃が痛くなった
  • 微妙だった

残念ながら、モスチキンにはこのような悪い口コミもありました。

悪い口コミの中で多かったのは、「思ったより見た目が薄かった」という意見。

280円という値段の割に、モスチキンは「薄っぺらい」と感じられてしまう人もいるようです。

確かに、せっかく食べるなら、どーんと大きなチキンを豪快にかぶりつきたいですよね。

しかし残念ながら、豪快にかぶりつくにしては、モスチキンは薄っぺらいかもしれません。

また、「食べたら胃が痛くなった」という意見もありました。

モスチキンは店舗にて油で揚げるそうですが、油の状態などによっては胃に負担がかかる場合も。

特に日頃から胃もたれしやすいあなたは、食べる際に注意が必要ですね。

モスチキンはおすすめしない人がいるがおすすめバーガーを紹介!

残念ながら、モスチキンには「おすすめしない」という意見がありました。

しかし、モスチキンには良い口コミもたくさんありましたよ。

「おすすめしない」という意見があるものの、一度は食べてみたくなったのではないでしょうか。

せっかくモスチキンを食べるなら、バーガーも一緒に注文したいな!

2022年9月現在、モスチキンを含むセットメニューはないようです。

しかし、モスバーガーには、モスチキンと一緒に食べていただきたいバーガーがありますよ♪

以下では、モスチキンと一緒に食べると美味しいバーガーをご紹介します。

モスライスバーガー焼肉

モスチキンと一緒に食べると美味しいバーガー、1つ目は「モスライスバーガー焼肉」です。

牛バラ肉が、バンズから溢れ出しそうなくらいどどーんと詰まったこちらの商品。

おろし玉ねぎ、しょうがペースト、おろしにんにくなどで味付けされた牛バラ肉が、たまらなく美味しいのですよ。

バンズは国産米を使用したライスプレートで、お醤油ベースのモスチキンによく合います。

チキンもバーガーもガッツリ食べたい気分のあなたは、ぜひ「モスライスバーガー焼肉」をお選びください。

重さエネルギーたんぱく質脂質炭水化物
170.0g353kcal9.5g11.6g52.8g
※2022年9月現在
※数値はモスバーガー公式サイトに記載されている推定値です

モスの菜摘(なつみ)モス野菜

モスチキンと一緒に食べると美味しいバーガー、2つ目は「モスの菜摘(なつみ)モス野菜」です。

なんとバンズがレタスになっているこちらの商品。214kcalと、他のバーガーに比べてカロリーが抑えられています。

具材は、レタスやトマト、玉ねぎがたっぷり。さらに、野菜の旨味たっぷりのオーロラソースが、具材の野菜たちを引き立てます。

モスチキンはカロリーが269kcal。高カロリーのモスチキンと食べるなら、ヘルシーな「モスの菜摘(なつみ)モス野菜」がぴったりです。

重さエネルギーたんぱく質脂質炭水化物
187.8g214kcal9.4g15.0g11.0g
※2022年9月現在
※数値はモスバーガー公式サイトに記載されている推定値です

以上、モスチキンと一緒に食べると美味しいバーガーをご紹介しました。

「おすすめしない」とも言われているモスチキンですが、美味しいバーガーと一緒に食べれば、きっと気に入ること間違いなし。

ぜひご紹介したバーガーとセットで、お召し上がりくださいね。

まとめ

  • モスチキンには、「おすすめしない」という意見がある
  • モスチキンが「おすすめしない」と言われる理由は、「成型肉だという噂があるから」「中国産だから」「値段が高いから」
  • モスチキンには、「たまにふと食べたくなる」「ケンタッキーよりサクサクで美味しい」「ザクザク食感が恋しくて食べたくなる」「持ち手のところ以外骨がないから食べやすい」「冷めても美味しい」「美味しすぎる」などの良い口コミがあった
  • モスチキンには、「薄っぺらかった」「食べたら胃が痛くなった」「微妙だった」などの悪い口コミもあった
  • モスチキンに合うバーガーは、「モスライスバーガー焼肉」や「モスの菜摘(なつみ)モス野菜」などがある

モスチキンには「おすすめしない」という意見がありました。

しかし、モスチキンには良い口コミも多いです。もしまだ食べたことがないなら、一度は試してみてもよいのではないでしょうか。

モスバーガーには、モスチキンと一緒に食べたい美味しいバーガーもたくさん。

ぜひこの機会にモスバーガーへ足をお運びください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました