コストコのポップコーンは高カロリーだが栄養豊富!作り方も紹介!

おすすめ情報
スポンサーリンク

コストコで売っているポップコーンは、バターの甘みやコクが豊かな上、塩加減もちょうどよくて、おいしいですよね。

さらに電子レンジで調理するだけの手軽さも魅力的。値段も手ごろで、コスパ最強と評判が良いです。

ただコストコのポップコーンは、口当たりも軽いです。手が止まらず、つい食べすぎることも…。

そんなとき気になることは、ポップコーンのカロリーですよね。

実のところ、コストコで売っているポップコーンは、高カロリーでした。しかしダイエット中など、不足しがちな栄養素も豊富に含まれていましたよ。

今回はコストコのポップコーンについて、カロリーや栄養素、失敗しない作り方、アレンジレシピをご紹介します。

コストコのポップコーンを、食べすぎに注意しながらおいしく食べていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

コストコのポップコーンは高カロリーだが栄養豊富!

コストコのポップコーンと言えば「マイクロウェーブポップコーン」ですよね。

コストコの自社ブランド「カークランドシグネチャー」から発売されています。

コストコのポップコーンは1箱1,680円(税込)1箱に44袋入っているため、1袋あたり約39円という安さからも、人気を集めていますよ。

賞味期限は9か月と保存がしやすく、少人数やファミリーも楽しめます。

そんなコストコのポップコーンは、後を引くおいしさで、ときに食べすぎることがあります。

動画やテレビ番組のお供で用意すれば、あっという間になくなっていた、なんてことも…。

ただコストコのポップコーンは油で揚げないため、一見ヘルシーに感じますよね。カロリーもそこまで高くないように見えます。

そこで調べたところ、コストコのポップコーンは100gあたり518kcalと高カロリーでした。しかし、ダイエット中など、不足しがちな栄養素も豊富に含まれていましたよ。

そのため食べすぎに注意さえすれば、ダイエット中もポップコーンを楽しむことができます。

以下では、ポップコーンのカロリーや、栄養について詳しくご紹介します。

 

ポップコーンのカロリー

コストコのポップコーンはカロリーが100gあたり518kcalです。したがって、1袋(93.5g)あたり、484kcalとなります。

2人で1袋食べた場合、1人分のカロリーは242kcalです。意外と高いですね。

実を言えば、市販の板チョコレート1枚(50g)あたり、279kcalとほぼ大差ありません。

つまりコストコのポップコーン1/2袋は、板チョコ1枚分(50g)とほぼ同じカロリーです。

このように見ると、ダイエット中はできるだけ避けたい印象を受けるかもしれません。

しかしポップコーンは、カロリーだけでなく、栄養価も高いお菓子なのです。

以下では、ポップコーンへ含まれる栄養について、ご紹介します。

 

ポップコーンに含まれる栄養素

ポップコーンの原料は、トウモロコシです。トウモロコシは三大穀物の1つであり、分類上、全粒穀物です。全粒穀物には、玄米、雑穀などがあり、栄養価も高い食材です。

コストコで売っているポップコーンは、トウモロコシの種皮を加工していません。ほぼそのまま使っています。

そのため、ポップコーンは食物繊維やビタミンなど、栄養素が豊富に含まれたお菓子なのです。

ポップコーンに含まれている栄養素の中で注目したいものを、ご紹介します。

ポップコーンに含まれる栄養素

  • 食物繊維
  • ポリフェノール
  • ビタミンE
  • マグネシウム

食物繊維は、腸内環境を整える働きがあります。また、血糖値の上昇速度を緩やかにする働きもありますよ。

ポリフェノールは、活性酸素を取り除く働きによって、アンチエイジング作用や免疫力の向上が期待できる栄養素です。

ビタミンEは、体内にある脂質の酸化を防いでくれます。そして、マグネシウムは、骨の形成をサポートするミネラルです。

おいしいだけでなく、栄養もたくさん含んでいるポップコーン。ダイエット中も避けることなく、量を調節しながら食べていきたいですね。

 

 

スポンサーリンク

コストコのポップコーンで作り方が成功するコツを紹介

コストコのポップコーンは、高カロリーです。しかし栄養価が高いとわかりました。

そんなコストコのポップコーンは、作り方も簡単です。電子レンジを使って加熱するだけで、できあがります。

いつでも、アツアツのポップコーンを食べられる」と人気ですよ。

しかし手軽な反面、記載されている時間通りに電子レンジで加熱しても、上手くいかないことが多いです。

袋が膨らまなかったり、ポップコーンにならなかったりすることもありますよね。

実を言えば、コストコのポップコーン、記載されている500W・2分半では、加熱時間が少し足りません。

調べたところ、コストコで売っているポップコーンを成功させるコツは、少し長めに加熱することでした。機種によって多少異なりますが、ベストな時間は500W・3分半~4分です。

記載されている時間より長いですが、破裂したり焦げたりすることもありません。

しかし心配な場合は、様子を見ながら加熱しましょう。袋が膨らみきり、ポップコーンの弾ける音も1~2秒間隔になれば、完成です。

コツがわかったところで、コストコのポップコーンを上手に作っていきましょう。

以下は、コストコで売っているポップコーンの作り方です。ポップコーンの箱に記載されている内容を要約したものとなっています。

コストコで売っているポップコーンの作り方

  1. ポップコーンをプラスチック袋から取り出す
  2. 「THIS SIDE UP」と書かれた面を上にし、電子レンジの中央へ置く
  3. 電子レンジで500W、3分半~4分、加熱する(記載されている2分半より少し長めが良い)
  4. 途中からポップコーンが弾ける音を確認する
  5. 加熱を終えても、粒がたくさん残っているようであれば、さらに加熱する
  6. 電子レンジから取り出し、蒸気が顔に当たらないよう袋を開ける
  7. ボールなどに移し、1分ほど冷ます

ポップコーンにならなかった粒が残っている場合は、10秒ごとで加熱しながら様子をみましょう。

袋から取り出すときは、蒸気でやけどをしないよう、注意してください。

こちらの作り方で、失敗せずコストコで売っているポップコーンを楽しめますよ。ぜひ、試してくださいね。

 

 

コストコのポップコーンはアレンジも楽しめる!

コストコのポップコーンで、失敗しない方法もわかりました。これで次に作るときは、上手くいきそうです。

しかしコストコのポップコーンは、1箱に44袋入っています。

いくらおいしくても、たまには違う味が食べたくなりますよね。私も同じ味ばかりは飽きてくるので、良くわかります。

そんなときはコストコのポップコーンを味変するなど、アレンジで楽しむこともおすすめです。

ただ味をアレンジしたポップコーンは、通常のポップコーンよりカロリーが高くなります。ダイエット中の場合は、食べる量に注意しましょう。

これから、コストコで売っているポップコーンのアレンジを、3つご紹介します。

ポップコーンのおすすめアレンジ3つ

  • チョコレート
  • キャラメル
  • チーズ

コストコのポップコーンは、味を変えるアレンジレシピもすごく簡単ですよ。

同じ味で飽き始めたときは、あなたも試してみてくださいね。

では、早速ポップコーンのアレンジレシピを確認していきましょう。

※これからご紹介するレシピは、加熱したポップコーン30g~40gの分量です。味はお好みで調整してください。

 

チョコレート

子どもだけではなく、大人も大好きなチョコレート味です。

家族で楽しむことができるアレンジレシピをご紹介します。

  1. チョコレート(50g)を細かく刻む
  2. 耐熱容器に入れ、電子レンジで500W・1分ほど、加熱する
  3. ゴムベラで混ぜてチョコレートをなめらかにする
  4. チョコレートの中へポップコーンを入れる
  5. 全体をよく混ぜる
  6. クッキングシートの上にポップコーンを広げる
  7. ココアパウダーを振りかけ冷めるまで待つ

チョコレートが溶けきらない場合は、追加で10秒ほど加熱すると良いですよ。

チョコレートをミルクで作ると、甘めのポップコーンになります。ビターチョコレートの場合は、少し大人な味にすることができますよ。

 

キャラメル

こちらは、映画館やレジャー施設でも人気があるキャラメル味です。

お家で簡単にアレンジできるのは、嬉しいですね。アレンジレシピをご紹介します。

  1. 鍋にバター(10g)、砂糖(50g)、水(8㏄)を入れる
  2. 中火で沸騰させ、カラメル色になるまで混ぜる
  3. 鍋の火は止め、ポップコーンを入れる
  4. 全体をよく混ぜる
  5. お皿に広げて、冷めるまで待つ

バターや塩味の風味が抑えられ、しっかりキャラメル味を楽しめますよ。

さらにキャラメル感を足したいときは、溶かしたキャラメルでコーティングしても良いと思います。

簡単にキャラメルポップコーンが食べられる、おすすめのアレンジレシピです。

 

チーズ

香りや味が奥深い、人気のフレーバーにアレンジできますよ。レシピは以下の通りです。

  1. 鍋にとろけるチーズ(100g)、コンソメ(1.5g)、塩(少々)を入れる
  2. チーズが溶けたら、ポップコーンを鍋へ入れる
  3. 全体をよく混ぜる
  4. お皿に広げて、冷めるまで待つ

コンソメは固形の場合、約1/4個(小さじ1/2)使用すると良いですよ。

混ぜるとき、弱火で加熱しながら混ぜると、ムラになることもありません。

チーズと塩、バターは最強の組み合わせを楽しめる、おすすめアレンジです。

 

 

まとめ

  • コストコのポップコーンはカロリーが高い
  • コストコのポップコーンは栄養価も高い
  • ダイエット中はポップコーンの食べすぎに注意すれば、楽しむことができる
  • コストコのポップコーンは電子レンジで手軽に作ることができる
  • コストコのポップコーンを電子レンジで加熱するときは500W、3分半~4分がベストである
  • コストコのポップコーンは、さまざまなアレンジレシピが楽しめる

コストコのポップコーンは意外と高カロリーでした。しかし不足しがちな栄養素が豊富です。

コスパが良く味もおいしいので、ダイエット中は量に気をつけながら楽しみましょう。

コストコのポップコーンは、電子レンジで手軽に作れるところも魅力的ですね。

また味変など、さまざまなアレンジを楽しめることも嬉しいです。その分カロリーも高くなるため、食べすぎには注意しましょう。

あなたもコストコのポップコーンを、上手に楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました