垢すりはコツさえ分かれば自分でできる!自宅のお風呂で美肌を作ろう

おすすめ情報
スポンサーリンク

垢すりをすると、普段のバスタイムでは取り切れない汚れも取れて、さっぱりしますよね。

しかし、いざ自分でしてみると思ったように垢が取れなかったり、痛くて1回で辞めたりと、効果を実感できないこともあるのではないでしょうか。

そんなあなたに朗報です。垢すりは、コツさえ分かれば自分でできるのです!

垢すりのコツは、15分から20分湯船に浸かることと、垢すりタオルを固くしぼること、垢すりタオルを使うときに石鹸を使わないこと、以上3つです。

垢すりのコツさえ分かれば、お風呂で気軽にさっぱりすることができます。

この記事では、垢すりのコツだけでなく、正しい手順や擦りづらい場所を攻略する方法などもご紹介していきます!

毎日のバスタイムに垢すりを取り入れて、美肌作りしましょう。

 

 

スポンサーリンク

垢すりのコツは3つある!これさえ分かれば自分でできる

先ほどもご説明した通り、垢すりのコツは3つあります。

  • 15分から20分湯船に浸かること
  • 垢すりタオルを固くしぼること
  • 垢すりタオルを使うときに石鹸を使わないこと

以上3つのコツさえ分かれば、自分でもしっかり垢すりをすることができます。

どれも簡単ですから、すぐに実践できると思います。

垢すりを行う頻度は、1週間から2週間に1回が適切だといわれています。

毎日垢すりを行うと、肌へかかる負担が大きすぎるためです。

垢すりは間隔をあけて行うため、簡単なコツでなければできるようにならないし、忘れてしまう可能性もありますよね。

すぐ実践できて覚えやすいコツ3つを押さえれば、あなたも上手に垢すりできますよ!

それでは、それぞれのコツについて詳しくご説明していきます。

最後までチェックして、自分で上手な垢すりができるようになりましょう!

 

15分から20分湯船に浸かってしっかり汗をかく

自分で上手に垢すりをするコツは、まず、15分から20分湯船へ浸かることです。

このコツが最も重要であると言っても過言ではありません!

体が充分に温まってしっかり汗をかくと、皮膚は柔らかくなります。皮膚が柔らかくなると、表面に溜まった老廃物は剝げやすくなります。

この老廃物を、私たちは垢と呼んでいます。この垢は、老廃物に汗やあぶら、ほこりが混ざってできています。

皮膚が乾燥した状態だと、この垢は皮膚に張り付いたまま取れません。

いくら擦っても落とせず、垢を取る前に皮膚が傷んでしまいます。

こうならないために、湯船へ15分から20分浸かりましょう。

手足の指先がシワシワになるくらい肌を柔らかくすると完璧ですね。

お湯の温度は40度前後が理想的です。汗をかきにくいあなたは、より長時間浸かるか、少し高温に設定しましょう。

肩まで浸かると早く体を温められますが、半身浴でも問題ありません。

発汗作用がある入浴剤を使うのも良いですね。ショウガやトウガラシが使われている入浴剤をおすすめします。

入浴剤は良い香りで癒されますね。リラックスしながら体を温めてしっかり発汗させましょう。

湯船に浸かる前は水分補給をすると良いですね。可能であれば、湯船に浸かっている間も水分補給をしましょう。

のぼせないよう注意しながら、皮膚を柔らかくしてください。

 

垢すりタオルは固くしぼる

垢すりタオルを固くしぼっておくことも、自分で上手に垢すりするコツです。

水分を含んだ垢すりタオルでは、摩擦が起きにくいです。

摩擦が起きなければ、いくら擦っても垢を取ることはできません。

垢すりタオルは使う前にまず、きちんとしぼりましょう。

ただし、擦っている最中に強い痛みがある場合は、少し水を含ませても良いです。

垢を取ることばかりに集中して、肌が傷んでしまっては元も子もありません。

肌状態に合わせて、垢すりタオルの水分量を調整しましょう。

 

垢すりタオルを使うときに石鹸は使わない

垢すりタオルを使うとき、石鹸は使わないことがコツです。

石鹸を使ってしまうと、垢すりタオルの摩擦が弱まってしまいます。

先ほどもご説明した通り、垢すりタオルの摩擦が起きなければ垢を落とすことはできません。

石鹸は使わず、固くしぼった垢すりタオルで体を擦っていきます。

こうすることで、より多くの垢を落とすことができます。不要な垢をキレイに落とすことで、美肌が得られますよ。

ここまでで、垢すりのコツ3つをご紹介しました。コツさえ分かれば自分で上手に垢すりすることができます。

皮膚を柔らかくして、皮膚が傷まない程度の摩擦であれば、効果的に垢すりできるのですね。

次では以上のコツを踏まえて、自分でできる垢すり手順も覚えましょう。

 

 

スポンサーリンク

垢すりのコツと一緒に正しい手順も覚えよう

垢すりのコツが分かったら、正しい手順を覚えましょう。

垢すりには正しい手順があります。手順通り行わなければ、垢すりのコツが分かっても上手に垢を取ることはできません。

垢すりのコツが分かった上で手順通り垢すりを行えば、さっぱりキレイな肌になります。

自宅のお風呂で定期的に垢を落とすことで、手触りも良く、透明感ある美肌が得られますよ。

垢すりの手順は、こちらに挙げる4つです。先ほどご紹介した垢すりのコツを思い出しながら、覚えていきましょう。

  1. 40度前後のお湯を張った湯船に、15分から20分浸かる
  2. 湯船から上がり、体を軽く拭く
  3. 石鹸のついていない垢すりタオルを固くしぼる
  4. 体を擦る

湯船で十分に温まり、しっかり発汗した後は、体を洗いません。

垢すり前に石鹸やボディーソープなどを使って洗ってしまうと、皮膚表面へ膜が張ります。

この膜は、石鹸やボディーソープなどが持つ保湿成分です。良い成分ですが、このせいで垢を取りにくくなります。注意が必要ですね。

また、湯船から上がったら体を軽く拭くと良いです。水滴を拭う程度で問題ありません。

こうすることで、摩擦を大きくすることができます。固くしぼった垢すりタオルを使えば、より強い摩擦が起こせます。垢がしっかり取れるでしょう。

体は、ボディークリームを塗るときと同じくらいの力で擦ります。

力が強すぎると肌を傷めてしまいますし、弱すぎると垢を取ることができません。

垢すりタオルで擦っていくと、肌が赤みを帯びてきます。

赤みを帯びても痛みがなければ、そのまま続けて問題ありません。血行が促進されている証拠です。

垢すりは、垢を取って美肌になるだけでなく、リンパや血液の流れもよくする働きがあります。どれも嬉しい効果ですよね。

垢すりのコツを踏まえ、正しい手順で行って擦る力加減も習得していきましょう。

あなたの肌と対話しながら、丁度いい力加減を覚えることが大切です。

 

 

垢すりのコツを踏まえて更に上手くいくポイントも解説

垢すりのコツや手順は分かっても、擦りづらくて上手くいかない場所ってありますよね。

自分で垢すりをするときは、特に背中が擦りづらいと思いませんか。

せっかく垢すりのコツと手順を覚えても、擦りづらいからと上手く垢すりできない場所があるともったいないですよね。

そこで、垢すりが更に上手くいくポイントを解説します。

垢すりが更に上手くいくポイントは、垢すりタオルを手に巻き付けて使うことと、背中の垢すりなら場所を区切ること、垢が出やすい部分から洗うこと、以上3点です。

垢すりのコツや手順と一緒に、このポイントも覚えれば、より上手く自分で垢すりをすることができます。

一つずつ解説していきますので、一緒にチェックしていきましょう!

 

垢すりタオルは手に巻き付けて使う

使っている垢すりタオルが長方形タイプの場合、手に巻き付けて使いましょう。

こうすることで、体のどこを擦っているかが把握しやすく、力加減も分かりやすいです。

手に巻き付けることで、まるで手のひらを使って擦っているような感覚で垢すりできるため、垢の取り残しも防げます。

垢すりタオルがずれて力を入れづらくなることもありません。ぜひトライしてみてください。

また、あなたの使っている垢すりタオルがミトンタイプなら、用途通り手にはめて使いましょう。

ただし、手のサイズに比べて大きすぎるミトンだと、手が抜けてしまうこともあります。

手のサイズにあった垢すりミトンを使うことが理想的ですね。

 

背中の垢すりなら場所を区切る

自分で垢すりを行うとき、背中が一番難しいのではないでしょうか。

使っている垢すりタオルが長方形タイプなら、手に巻き付けずそのまま使う方法もあります。

しかし、これでは力を入れることができず、背中の垢も上手にとれません。ミトンタイプであれば、そもそも伸ばすこともできませんよね。

背中を垢すりするときは、場所を区切ると良いです。

背中を長方形だと考えて、四等分するイメージが分かりやすいですね。

四等分した背中を一区切りずつ擦っていくことがポイントです。

例えば右手に垢すりタオルを巻きつけている場合、まずは背中の左上部分から擦ります。

このとき、左手で右ひじを持ち上げるようにすると、左肩甲骨の下部分まで擦ることができます。

背中の左下部分は、縦方向へ擦るようにしましょう。

背中の右半分を擦るときは、左手に垢すりタオルを巻きつけてくださいね。

無理に力を入れて擦ろうとすると、腕や背中がつってしまうこともあります。

筋肉や関節を傷めてしまう恐れもあるため、慎重に行います。

手が届く範囲を、ほどほどの力で垢すりしましょう。

定期的に続けることで肩の可動域が広がり、擦れる範囲も多くなっていきます。

少しずつできるようになれば十分です。くれぐれも無理しないように気を付けてくださいね。

 

垢が出やすい部分から擦る

自分で垢すりを行うときは、垢が出やすい部分から擦っていくと良いです。

垢が出やすい部分とは、汗をかきやすい部分のことです。主に以下の6箇所です。

  • わきの下
  • 太ももの内側
  • 背中
  • おしりの割れ目

なぜ垢の出やすい部分から擦ると良いかというと、きちんと理由があります。

それは、あなたの垢によってどんどん垢が剥がれてくるからなのです。

なんだか不潔な感じがしますよね。私も調べてみて初めて知ったときは驚きました。

しかし、垢には私たちの体から出る皮脂が混ざっています。皮脂とはあぶらです。あぶらはベタベタしているイメージがありませんか?

このベタベタした皮脂を含む垢が、周りの垢とくっついてどんどん剝がれていきます。

したがって、自分で垢すりを行うときは、垢の出やすいところから擦っていくと上手くいきます。

垢がたくさん取れたら、体だけでなく気持ちもすっきりします。達成感も味わえますね。

垢すりで心身ともにリフレッシュすることを目指しましょう!

 

 

垢すりのコツが分かったらタオル地にもこだわろう!

垢すりのコツや正しい手順が分かったら、使用する垢すりタオル地にもこだわりませんか?

垢すりタオルに使われている生地は様々な種類があり、それぞれ異なる特徴を持ちます。

あなたの体や目的と合ったタオル地にこだわることで、より上手な垢すりができます。

垢すりタオルに使われている生地は大きく分けて、2種類あります。天然繊維と、化学繊維です。

天然繊維は、綿や絹、麻が代表的です。化学繊維は、レーヨンやポリエステルのことをさします。

生地にこだわって、あなた好みの垢すりタオルを見つけてください。

こだわって選んだ使いやすい垢すりタオルがあれば、プロ顔負けの垢すりをご自分でできると思います!

 

天然繊維の垢すりタオルはやわらかな手触り

綿や絹、麻からできているものが、天然繊維と呼ばれます。

天然繊維は化学繊維に比べると、手触りがやわらかいことも特徴の一つです。

それでは、天然繊維でできた垢すりタオルの特徴を一つずつ見ていきましょう。

綿:やわらかな手触り、肌への負担が少ない、安価な商品が多い

絹:綿よりさらにソフトな手触り、繊維が細かく毛穴の汚れも落とせる

麻:綿や絹に比べハードな手触り、しっかりした洗いあがり、速乾性があり衛生的

同じ天然繊維でも、それぞれに特徴が違いますね。

綿素材や麻素材の垢すりタオルは種類が豊富ですから、垢すり初心者におすすめです。

麻素材は速乾性があるため、浴室で保管しても清潔ですね。

速乾性がある分、雑菌やカビの繁殖を防ぐこともできます。

雑菌やカビの繁殖によって、いやな臭いが発生します。この臭いを防止できると嬉しいですね。

また、絹素材は繊維の細さを生かして、毛穴汚れも取ることができます。

垢を取るだけでなく毛穴の汚れもしっかり落としたいあなたにぴったりです。

垢と一緒に毛穴の汚れも落とせるなんて一石二鳥ですよね。

 

化学繊維の垢すりタオルはしっかりとした洗いあがり

続いて、化学繊維製垢すりタオルの特徴を見ていきます。

化学繊維は、レーヨンやポリエステルが代表的です。

化学繊維製の垢すりタオルは、天然繊維を使っているものに比べ、ハードな手触りでしっかりした洗いあがりが特徴です。

価格は、天然繊維が使われたものより安い商品も多いようですね。

では早速、化学繊維が使われている垢すりタオルの特徴を整理しましょう。

レーヨン:ハードな手触り、繊維の凹凸が垢をより多く絡めとる、速乾性があり衛生的、安価な商品が多い

ポリエステル:レーヨンより若干やわらかな手触り、速乾性があり衛生的、安価な商品が多い

レーヨンとポリエステルで、手触りにそこまで大きな違いはありません。

レーヨンとポリエステルの両方を使っている垢すりタオルも多くあります。

両者の決定的な違いは、再生繊維かどうかということです。

レーヨンは化学繊維ですが、厳密にいうと再生繊維です。

そのため、水に濡れると繊維の縮みが見られます。繊維の縮みによって、凹凸ができます。

この凹凸によってより多くの垢を絡めとることができるため、レーヨン製垢すりタオルは非常に人気です。

また、両者とも速乾性のあるところが高ポイントですね。

麻でできた垢すりタオルと同じように、雑菌やカビの繁殖を抑えることができます。

安価な商品が多いため、消耗品として捉えて、古くなったら買い替えることも可能です。

美容の一環として垢すりをするのに、垢すりタオルが汚れていては本末転倒です。

この通り垢すりタオルは、材質によってそれぞれ異なった特徴があります。

手触りや洗いあがり、速乾性の有無、価格帯など色々と吟味して、あなたに合った垢すりタオルをチョイスしてください。

垢すりタオルで選べるのは、生地だけでありません。垢すりタオルは、その形状も様々です。

タオル地にこだわるならば、その形状もこだわりたいところです。

形状にこだわった垢すりタオルを選ぶことで、垢すりのコツがより活きていきます。

では、垢すりのコツを活かすために、どのような形状が良いでしょうか。次で詳しくご説明します。

 

 

垢すりのコツを活かすにはタオルの形状も大事

垢すりタオルには、様々な材質の生地があると分かりました。

垢すりタオルの生地にこだわることで、より上手な垢すりができると思います。

しかし、垢すりタオルで選べることは、生地の種類だけでありません。

垢すりタオルには、様々な形状がありますよね。

垢すりのコツを活かすためにも、タオル形状は重要です。

その形状によって、使いやすさや垢の取れ方もずいぶん違ってきます。

せっかく垢すりのコツや手順が分かっても、使いにくい垢すりタオルだと満足いく垢すりはできません。

自分で上手に垢すりをするため、垢すりタオルの形状もこだわりましょう。

これから、おすすめの形状をご紹介していきます。

 

簡単に固くしぼれるスポンジタイプ

垢すりのコツは、垢すりタオルを固くしぼることだとお伝えしました。

しぼりやすい形状の垢すりタオルであれば、コツを活かした垢すりが可能ですよね。

そこで、スポンジタイプの垢すりタオルをおすすめします。

長方形タイプやミトンタイプだと、固くしぼるのに力が要りますよね。

両手にぎゅっと力を込めて、できるだけ残った水分がないようにしなければなりません。

長方形タイプなら、雑巾しぼりの要領でなんとかしぼることができるかもしれません。

しかし、ミトンタイプとなるとサイズが小さいため、両手でしぼることは難しくなります。

片手でしぼれる水分量には、限界がありますよね。

垢すりタオルに水気が残っていると、摩擦が小さくなって垢を十分取り切れません。

その点、スポンジタイプの垢すりタオルなら、簡単に固くしぼることができます。

スポンジタイプの垢すりタオルは、擦りやすさを考慮して、ほとんどが手のひらより少し大きいサイズです。

このサイズなら、片手で簡単にしぼることができますね。

また、スポンジタイプの垢すりタオルは、形を選ぶことができます。

長方形や楕円形、片面に凹凸があるものなど、種類は豊富です。

スポンジの形によって握りやすさも変わります。あなたの手にフィットする商品を選んでください。

スポンジタイプの垢すりタオルで、しっかり垢を取りましょうね。

 

背中の垢すりを完璧にするならブラシタイプ

垢すりのコツ3つを押さえても、背中が上手く擦れなければもったいないですよね。

そんなときには、ブラシタイプの垢すりタオルがおすすめです。

歯ブラシのような形で、ブラシ部分が垢すりタオルになっています。

大きさは、指先からひじくらいまである商品が多いようです。

これなら、柄の部分を持つだけで簡単に背中が擦れます。

柄の部分に穴が開いていたり、紐がついていたりするものもあります。フック付きのものもあり、収納に便利です。

吊るして保管すれば、浴室に置いていても衛生的ですよね。

ブラシタイプの垢すりタオルには、毛を使用したタイプもあります。

タオル地ではなく毛を使っているため、1度に取れる垢の量は少なくなってしまいます。

しかし、肌に優しく、毛穴の汚れはしっかり落とすことができます。

垢すりではなく、石鹸やボディーソープを使った通常の洗い方にも使えます。

毛を使っているため、きめ細かな泡がたくさん作れます。

また、片面が毛で反対側にタオル地を使用しているブラシもあります。

これなら、その時々の肌状態や気分によって使い分けることができますね。

自分で垢すりをする際に最も難しい背中が攻略できれば、言うことなしです。

ブラシタイプの垢すりタオルを使って、全身くまなく垢すりしましょう。

 

 

まとめ

  • 垢すりは、コツさえ分かれば自分でできる
  • 垢すりのコツは、15分から20分湯船に浸かること、垢すりタオルを固くしぼること、石鹸を使わないこと
  • 垢すりには正しい手順がある
  • 垢すりタオルは手に巻き付けると使いやすい
  • 背中の垢すりは場所を区切って行う
  • 垢すりタオルは自分に合った生地を選ぶ
  • 天然繊維と化学繊維は手触りや洗いあがりに違いがある
  • 目的に合った形状の垢すりタオルを選ぶ
  • スポンジタイプは簡単に固くしぼることができ、ブラシタイプは背中を完璧に擦れる

今回は、垢すりのコツをご紹介しました。垢すりは、コツさえ分かれば自分で行うことが可能です。

私は調べてみるまで、自分で垢すりをしても上手くいかないと悩んでいました。

湯船にはきちんと浸かっていましたが、そのあと石鹸で体を洗っていました。

このためにきちんと垢を取ることができなかったのだと分かりました。

それから、少し垢が出てくるとすぐにお湯で流していました。

これでは垢が剥がれるチャンスを逃してしまいますよね。

今回分かった垢すりのコツを踏まえて、自分で垢すりしたいと思います。

あなたも垢すりにチャレンジするときは、垢すりのコツを忘れないでくださいね!

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました