ハトムギ化粧水は髪にも使える!きしむときは対処法でサラサラ髪へ

おすすめ情報
スポンサーリンク

顔は化粧水や乳液、体にボディークリーム、髪へオイルやミルク…。

美容のためにケアアイテムをパーツごとで揃えるなんて、正直大変ですよね。

「1本で済ませられるものないの!?」と思うことはありませんか?

そんなあなたにおすすめしたいのが、ハトムギ化粧水です。

なんとこのハトムギ化粧水、顔や体だけでなく、髪にも使えるのです!

今回は、顔や体に使える化粧水として人気のハトムギ化粧水が、髪へも使える理由を調査しました。

使い方や、きしむときの対処法も解説しています。

ハトムギ化粧水は、大容量でプチプライスなだけでなく、1本で全身ケアできる超優秀アイテムです。

顔や体だけでなく、髪のケアにも活用して、サラサラ髪へ変身しましょう!

 

 

スポンサーリンク

ハトムギ化粧水は髪にも使える!理由は成分にあった

顔や体のケアに効果的だと人気があるハトムギ化粧水。

口コミのよさはもちろんですが、大容量でプチプライスということも人気な理由です。

そんなハトムギ化粧水は、髪にも使うことができます!

「化粧水なのに髪へ使ってもいいの?」と不安なあなた、ご安心ください。

髪やハトムギ化粧水の成分を知れば、髪に使えることも納得できると思います。

それでは、ハトムギ化粧水が髪にも使える理由を、詳しくみていきましょう!

 

髪も肌と同じ成分でできている

あなたは、髪がどのような成分からできているかご存知ですか?

実をいうと、髪も肌と同じ成分でできているのです!

髪と肌が同じ成分なら、肌に使えるハトムギ化粧水は髪へ使えないはずありません。

髪の成分は、80%から85%がタンパク質でできています。

肌も、そのほとんどがタンパク質でできているのです。

さらにいえば、私たちのからだは髪や爪、肌や内臓まで、すべてタンパク質でできています。

髪のタンパク質は「ケラチン」とよばれ、肌のタンパク質は「コラーゲン」とよばれます。

ケラチンとコラーゲンの違いは、その硬さにあります。

髪を触ればわかるように、肌より硬いですよね。これは、タンパク質の硬さによるものといえます。

硬さや、それによる名前こそ違っても、髪と肌の成分は同じです。

したがって、肌にいいものは髪にもいいと考えられます。

つまり、顔や体の肌に使えるハトムギ化粧水は、髪へも使えるということです。

顔や体用の化粧水を髪へつけることは、少し不安ですよね。

しかし、髪や肌の成分からみれば、何も心配いりません。

ハトムギ化粧水は、顔や体をケアするついでに、髪までケアすることができるのです!

 

ハトムギ化粧水はヘアケア商品と同じ成分が入っている

ハトムギ化粧水には、ほかのヘアケア商品と同じ成分が入っています。

まず、ハトムギ化粧水の成分一覧を確認しましょう。

  • DPG
  • BG
  • グリセリン
  • ハトムギエキス
  • グリチルリチン酸2K
  • (スチレン/アクリレーツ)コポリマー
  • エタノール
  • クエン酸
  • クエン酸Na
  • メチルパラベン

ハトムギ化粧水は、水を除いて10種類の成分でできています。

10種類の成分で作られた、比較的シンプルな化粧水です。

中でも、DPG、BG、グリセリンは、ほかのヘアケア商品に使われている成分です。

これらは主に、肌へうるおいを与える、保湿剤としての役割があります。

ハトムギ化粧水をつけたとき感じられるしっとり感は、これらの成分が関係しているようです。

これら3つの成分は、ヘアケア商品に使われていることが多いです。

髪にうるおいを与え、しっとりさせる働きがあるのですね。

したがって、ハトムギ化粧水にもヘアケア商品と同じ効果を期待できます。

つまり、ハトムギ化粧水は髪に使っても何の問題もないということですね。

むしろ、使ったほうが髪にいいと思いませんか?

ハトムギ化粧水を髪に使うだけで、しっとりとうるおった髪へ近づけます。

その上、ハトムギ化粧水は、ほかのヘアケア商品と比べ大容量でプチプライスです。

顔や体だけでなく髪まで1本でケアできるなんて、コスパ最高ですよね!

私もハトムギ化粧水はずっと気になっていたので、使ってみようと思いました。

それでは、これだけ優秀なハトムギ化粧水をどのように使えばいいでしょうか。

これから、髪への使い方をご紹介していきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

ハトムギ化粧水は髪への使い方が3通りある!

ハトムギ化粧水は髪につけられるとお伝えしました。

では、髪につける場合、どのような使い方があるでしょうか。

実を言うと、ハトムギ化粧水は髪への使い方が3通りもあります!

3通りある使い方を、以下にまとめてみました。

  • 寝ぐせ直し
  • ドライヤーで髪を乾かす前の保護
  • 頭皮ケア

ハトムギ化粧水は、寝ぐせ直しとしてだけでなく、頭皮ケア用品としての使い方もあるようです。

また、ドライヤーで髪を乾かす前にも、髪の保護剤として使えます。

普段、顔などを保湿するために使われるハトムギ化粧水ですが、髪への使い方もバリエーションがあると嬉しいですね。

それでは早速、それぞれの使い方について詳しくご説明したいと思います!

 

寝ぐせを直したいときの使い方

ハトムギ化粧水は、寝ぐせを直したいときにも使えます。

ハトムギ化粧水を寝ぐせ直しとして使うときは、容器に工夫が必要です。

販売されているボトルから化粧水を手にとって寝ぐせ直ししてもいいですが、少し使いにくいですよね。

そこで、霧吹きやスプレーボトルがおすすめです。

ハトムギ化粧水を寝ぐせ直しとして使うために、まず詰め替えましょう。

霧吹きやスプレーボトルなど、ワンプッシュで簡単にハトムギ化粧水を噴射できるものがベターです。

最適な容器へ詰め替えたら、寝ぐせ直しとしての使い方をご説明します。

  1. 寝ぐせがある状態で、髪をブラッシングする
  2. ブラッシングが終わったら、ハトムギ化粧水を髪全体へつける
  3. 髪がしっとりと濡れるまでつけたら、再びブラッシングする
  4. ある程度髪が整ったら、ドライヤーで乾かす

以上が、ハトムギ化粧水を寝ぐせ直しとして活用する使い方です。

普段からスキンケアとしてハトムギ化粧水をお使いのあなたは、ボトル変更するだけで簡単に寝ぐせ直しミストも作れます。

ハトムギ化粧水は、寝ぐせ直し用品と比べ香りが優しいです。

そのため、あなたが普段使っている香水やシャンプーなどの香りを邪魔しません。

寝ぐせ直し中、顔が乾燥していると感じたら、ついでにプッシュすることもできますね。

髪は、一度濡らして乾かすことで形が変わります。

そのため、ハトムギ化粧水で髪を濡らし、整えてから乾かすことで簡単に寝ぐせ直しできます。

もちろん水道水を霧吹きなどへ入れて使うこともできます。

しかし、時間が経つと水質は悪くなってしまいます。

一方、ハトムギ化粧水には品質を保つための成分がいくつか配合されています。

水道水を寝ぐせ直しとして使うより、衛生的です。

霧吹きやスプレーボトルは、比較的安価で、どこでも手に入れることができます。

持っていないあなたはぜひ購入して、ハトムギ化粧水を寝ぐせ直しとして活用しましょう!

 

ドライヤーで髪を乾かすときの使い方

ドライヤーで髪を乾かすときも、ハトムギ化粧水は活用できます。

先ほどご紹介したように、この場合もハトムギ化粧水は詰め替えが必要です。

寝ぐせ直しに使うときと同様、霧吹きやスプレーボトルがおすすめですね。

寝ぐせ直し用に1本あれば、ドライヤーで髪を乾かすときも使えます。

それでは、ドライヤーで髪を乾かすときの使い方についてご説明します。

  1. 普段どおり、シャンプー、トリートメントを行う
  2. 頭皮や髪の水分をしっかりとるよう、タオルドライする
  3. タオルドライが終わったら、髪全体へハトムギ化粧水をつける
  4. 全体にいきわたるようブラッシングする
  5. 普段どおりドライヤーで髪を乾かす

こちらが、ドライヤーで髪を乾かすときに有効な、ハトムギ化粧水の使い方です。

ドライヤー前にハトムギ化粧水を髪へつけることで、髪がサラサラとした手触りへ変わるそうですよ。

ただし、あまりたくさんつけすぎると、乾かしたあとべたつく場合もあるとのことです。

霧吹きなどで、髪全体へまんべんなく、軽くつける程度でいいでしょう。

しずくが垂れるほどつけてしまうと、べたつきの原因になると思います。ご注意くださいね。

髪は、濡れているときキューティクルが開いています。

この状態で放置していると、髪内部から水分がどんどん蒸発していきます。

こうなると髪が乾燥し、うるおいをなくしてしまいます。

ドライヤーはしっかりとかけましょう。根元から乾かしていくことが大切です。

乾かし方が悪ければ髪へダメージを与えてしまうことになります。これでは、ハトムギ化粧水をつける意味がありませんよね。

乾かし方に気を付けて、ハトムギ化粧水でサラサラ髪へ近づきましょう!

 

頭皮をケアしたいときの使い方

ハトムギ化粧水で頭皮をケアしたいときの使い方もあります。

ハトムギ化粧水で頭皮のケアもできるなんて、意外だと思いませんか?

私は、調べてみて驚きました。しかしよく考えてみると、頭皮も皮膚の一部です。

ハトムギ化粧水はもともと顔や体に使用できるアイテムですよね。

頭皮も顔の延長だと考えれば、使えても不思議ではありません。

それでは、ハトムギ化粧水で頭皮ケアしたいときの使い方を説明していきます。

  1. 普段どおり、シャンプーとトリートメントを行う
  2. トリートメントまで終わったら、タオルで髪の水分を軽くとる
  3. 頭皮にハトムギ化粧水を塗布する
  4. 頭皮に爪を立てないよう、マッサージする
  5. マッサージを終えたら普段どおりタオルドライして、ドライヤーで乾かす

以上が、ハトムギ化粧水で頭皮ケアできる使い方です。

お風呂で普段通り髪を洗って水分をかるくとったら、そのまま塗布すればいいため簡単ですね。

頭皮マッサージを行うことで、血行が促進され毛根も元気になります。

そこへハトムギ化粧水を使うことで、同時に頭皮の保湿もできるということです。

毛根も元気になって頭皮を保湿できるなんて、一石二鳥ですよね。

普段のバスタイムにハトムギ化粧水を取り入れるだけですぐできます。

そのまま顔や体へハトムギ化粧水を塗って保湿することもできますよね。

ここまで、ハトムギ化粧水の使い方をご紹介しました。

スキンケアアイテムとして人気のあるハトムギ化粧水でしたが、ほかにもたくさん使い方があるとわかりましたね。

どれも簡単で、すぐに取り入れられると思います。ぜひ、試してみてください。

 

 

ハトムギ化粧水で髪がきしむときの対処法3つ!

ハトムギ化粧水を髪につけると、髪がきしむという口コミもあります。

「え、きしむなら使わないほうがいいのかな」と不安に思われたあなた、ご安心ください。

ハトムギ化粧水で髪がきしむときに使える対処法はあります。

その対処法とは、以下にまとめたとおり3つです。

  • ほかのヘアケア商品と合わせて使う
  • 頭皮ケア専用のアイテムとして使う
  • しばらく使ってもきしむときは使用を中止する

以上3つを知っていれば、ハトムギ化粧水で髪がきしむときも対処できます。

3つめの対処法は最終手段ですが、やむを得ない場合もあるため覚えておきましょう。

それでは、3つの対処法をそれぞれ解説していきます!

 

ほかのヘアケア商品と合わせて使う

ハトムギ化粧水を使って髪がきしむと感じるときは、ほかのヘアケア商品と合わせて使いましょう。

ハトムギ化粧水は、その名のとおり化粧水です。

化粧水は、肌へ水分を与えて柔らかくすることが目的です。

化粧水のあとに使用するアイテムが、肌へ浸透しやすくなる手伝いをします。

そのため、うるおいを閉じ込める力はありません。

したがって、髪にうるおいを閉じ込めるほかのアイテムと合わせて使う必要があります。

ハトムギ化粧水を髪へつけてドライヤーで乾かしたら、仕上げにヘアオイルやヘアミルクもつけるといいですね。

こうすることで、髪のきしみを抑えることができます。

ハトムギ化粧水のあとすぐにヘアオイルなどをつけてドライヤーしてもかまいません。

あなたの好みにあった方法で、きしみを予防しましょう。

 

頭皮ケア専用のアイテムとして使う

ハトムギ化粧水を使って髪のきしみがどうしても気になる場合は、頭皮ケア用アイテムとして使いましょう。

頭皮ケア用アイテムとしての使い方は、先ほどご紹介しましたね。

これなら、髪へつくことが少ないため、きしみも気にならないと思います。

ハトムギ化粧水で頭皮ケアをする場合、なるべく頭皮だけにつくよう注意します。

販売されているボトルから、先の細くなったボトルへ入れ替えると使いやすいと思います。

とはいえ、ヘアケア用ボトルは探すのが難しいですよね。

そういったときは、キッチン雑貨で代用することをおすすめします。

お好み焼きなど作るとき、ソースやマヨネーズを先の細くなったボトルへ入れることはありませんか?

あのボトルにハトムギ化粧水を入れれば、頭皮へピンポイントで塗布することができます。

頭皮のみにハトムギ化粧水を塗布すれば、髪のきしみで悩まなくて済みますね。

先の細いボトルは100均でも販売されています。ぜひ探してみてください。

 

しばらく使ってもきしむときは使用を中止する

ハトムギ化粧水を使ってしばらく経つのに髪がきしんだままなら、使用中止しましょう。

ハトムギ化粧水は、髪へ使ってすぐサラサラになるものでありません。

髪をコーティングする成分やオイルなどの油成分が入っていないためです。

しかし、使い続けていると髪がサラサラになったという口コミもありました。

髪に使用したハトムギ化粧水の効果を実感するまで、ある程度時間がかかるようです。

とはいえ、髪も肌と同じように個人差があります。

手ぐしやブラシが通らないほどきしむ場合は、無理に使い続けないことをおすすめします。

きしむことで絡んだ髪が、切れてしまう可能性もあるからです。

髪が切れてしまうと、枝毛の原因となります。髪は、切れてしまったところから縦に裂けることで枝毛となるのです。

枝毛ができると、髪はまとまりにくくなり、見栄えもよくありません。

髪を美しくするため使ったのに、髪質が悪化しては元も子もありませんよね。

あなたの髪と相談しながら、無理せず使いましょう。

 

 

まとめ

  • ハトムギ化粧水は髪にも使える
  • ハトムギ化粧水は、ヘアケア商品と同じ成分が入っている
  • ハトムギ化粧水は、寝ぐせ直し、ドライヤー前の保護、頭皮ケアに使える
  • ハトムギ化粧水を髪につけるときは、霧吹きやスプレーボトルへ詰め替える
  • 髪がきしむときは、ほかのケアアイテムと合わせて使う
  • 頭皮ケア専用アイテムとして使えば、髪もきしむことはまずない
  • ハトムギ化粧水をしばらく使ってもきしむ場合は、使用中止する

私は今回、ハトムギ化粧水について調べて思いました。「なんて優秀なアイテムなのだ!」と。

これまで、大容量でプチプライスな上、口コミもいい化粧水として気にはしていました。

美容系SNSや雑誌で見ない日はありませんからね。髪にも使えるとわかって、ぜひ使ってみようと思いました。

あなたもハトムギ化粧水で、顔や体だけでなく、髪もケアしてサラサラ髪を手に入れましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました