サイバー大学が恥ずかしいと言われる理由は4つ!口コミと就職先も解説

おすすめ情報
スポンサーリンク

スクーリング不要でインターネット環境が整っていれば、いつでも学べるサイバー大学。

ビジネスとITの両方を学べるため、社会人も注目しています。

ただ、検索サイトでサイバー大学と入力すると「恥ずかしい」も一緒に検索されていることがわかります。

気になる大学が恥ずかしいと検索されていたら、入学をためらってしまいますよね。

しかしサイバー大学は、文部科学省から認可を受けた優良大学です。

卒業すると大卒の資格をもらうこともできます。

ではなぜ、恥ずかしいと一緒に検索されているのでしょうか。

実は「恥ずかしい」と一緒に検索されている主な理由は、4つありました。

これからサイバー大学が恥ずかしいと検索されている主な理由、在学生や卒業生の口コミ、就職について詳しくご紹介します。

 

スポンサーリンク

サイバー大学は恥ずかしいと言われる4つの理由を紹介!

ソフトバンクグループのサイバーユニバーシティ株式会社が運営しているサイバー大学。

ITに特化している企業がインターネットを使用し、スクーリング不要の通信制大学として開学しました。

インターネットが整っている環境であれば、いつでも学べます。

スクーリングがなく、ITとビジネススキルの両方を学べるため、社会人にも注目されています。

サイバー大学の在学生は社会人が約6割と、スキルアップを目的に入学する人も多いです。

ただ注目を浴びる一方、検索サイトで「恥ずかしい」という言葉が一緒に検索されています。

サイバー大学は文部科学省から認可を受けていて、卒業すると大卒の資格ももらうことができます。

そして卒業後は、職場で即戦力として働けるスキルを身につけることが可能です。

そのようなサイバー大学が「恥ずかしい」と一緒に検索されているのは、なぜでしょうか。

恥ずかしいとは感情なため、感じる内容が人それぞれ異なります。

ただ調べてみたところ、「恥ずかしい」が一緒に検索されている主な理由は、4つありました。

サイバー大学と恥ずかしいが一緒に検索されている4つの理由

  • 通信制の大学であること
  • サイバー大学というネーミングが怪しい
  • マイナーな大学であること
  • Fランク大学と勘違いされるため
以下では、サイバー大学が恥ずかしいと一緒に検索されている理由を1つずつ、ご紹介します。

通信制の大学で恥ずかしい

サイバー大学は通信制の大学であるため、恥ずかしいと感じることがあるようです。

しかし通信制だから恥ずかしいと感じる必要はありません。

通学制や通信制は、あくまで学校の教育カリキュラムです。

通学制だから恥ずかしくない、通信制だから恥ずかしい、ということはありません。

さらに通信教育だからこそ、働きながら学ぶことができる、卒業単位すべてをインターネットで取得できる、というメリットもあります。

またサイバー大学はスクーリングがないため、通信教育の大学に通っているとバレることもありません。

そのため、どうしても恥ずかしいと感じる場合は、周囲に黙って通うことも可能ですよ。

 

サイバーという名前が恥ずかしい

サイバー大学の「サイバー」からSFを連想する人がいるようです。

したがって「怪しい」「うさんくさい」などの印象から、恥ずかしいと感じることがあるようです。

ただサイバー大学の「サイバー」は、インターネットや仮想空間という意味で使われているものです。

言い方を変えると、サイバー大学は「インターネット大学」の意味になります。

サイバー大学では講義やレポート提出、テストなど、すべてインターネットを使って行われています。

以下は、サイバー大学でインターネットを通して、行われている内容です。

サイバー大学で行われていること

  • 講義
  • レポート提出
  • テスト
  • ディベート
  • プレゼンテーション
  • ディスカッション

講義やテスト、レポート提出などは、他の通信制大学もインターネット上で行っています。

しかし相手が必要なディベートまで、インターネットを使用して行っているところは、サイバー大学の特徴です。

したがって「サイバー大学」という名前は、大学が行っていることを一言で表した、とても的確なネーミングなのです。

 

マイナーな大学で恥ずかしい

サイバー大学は通信制大学であるため、通学制の大学に比べると名前を知っている人が少ないです。

そのため、有名ではない大学だから恥ずかしいと感じる人もいるようです。

しかし2021年6月現在、IT業界では卒業生が活躍していることもあり、名前も浸透し始めています。

したがって、これから先はマイナーだから恥ずかしいと感じる人が、少なくなっていくかもしれません。

ただ、有名だから良い大学とも限りません。無名だから悪い大学ではありません。

大学選びの大切なところは、自分が学びたいことを学べる大学であることです。

したがって、サイバー大学で学びたいことがあれば、有名、無名にこだわる必要もありません。

そしてサイバー大学はITに特化した大学であり、ITとビジネスの両方を学ぶことができます。

学部は「IT総合学部」です。卒業後の目標によって、3つあるコースから選ぶことができますよ。

IT総合学部で選べる3つのコース

  • テクノロジーコース:ビジネス視点を持ったIT分野のスペシャリストになることが可能
  • ビジネスコース:起業家やビジネスリーダーを目指すと同時にIT分野の知識が向上する
  • ITコミュニケーションコース:IT基礎力やソーシャルメディアの活用力を習得できる

こちらの3つあるコースで学びたい内容がある場合、有名、無名にこだわらず、入学することをおすすめします。

 

Fランク大学に勘違いされて恥ずかしい

Fランク大学とは、ある予備校がつけたA~Fのランキングが発端です。

しかし現在は、BF(ボーダーフリー)と名称が変更されています。

そしてサイバー大学は、BF(ボーダーフリー)大学です。

Fと付いていることや入学試験がないことから、Fランク大学に間違われることもあるようです。

Fランク大学は誰でも入れて、卒業が簡単にできるイメージのようです。

そのため、Fランク大学に間違えられることを恥ずかしいと感じる人もいます。

しかしサイバー大学は入学試験こそありませんが、しっかり履修をしていないとテストに合格できません。

そして卒業が簡単にできるイメージであれば、そちらも違います。

サイバー大学は、年齢、時間、場所なども選ばず学ぶことができる、文字通りのボーダーフリー。

スクーリング不要の通信制大学だからこそ、自己管理がとても大切なのです。

サイバー大学はいつでも場所を選ばず、スマホやタブレットで学ぶことができます。

そのため、自分で優先順位をつけて取り組まなければ、卒業できないこともあるのです。

だからといって、講義を単位取得の通過点にすると、スキルが身につきません。

1回1回真剣に取り組む姿勢を保ち続けることが、通信制の難しいところだと思います。

大学のランクにこだわらず、サイバー大学で学ぶメリットを最大限に生かしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

サイバー大学で恥ずかしいという口コミはない

サイバー大学が「恥ずかしい」と一緒に検索されている主な理由は、4つありました。

しかし2021年6月現在、最新の在学生や卒業生から主な口コミで「恥ずかしい」という言葉は見つかりませんでした。

最近は卒業生が活躍していることもあり、IT業界でサイバー大学の名前も浸透し始めています。

そのため在学生や卒業生で恥ずかしいと感じる人が、少なくなってきているのかもしれません。

そして在学生や卒業生から評価が低い口コミは、主に講義内容、人間関係の希薄さ、でした。

また評価の高い口コミは、インターネットを通して受講できるシステムや講義内容が多かったです。

以下では、サイバー大学について在学生や卒業生が評価した口コミをご紹介します。

 

在学生や卒業生から評価が低い口コミ

在学生や卒業生から、評価が低い口コミの中に「恥ずかしい」という単語はありませんでした。

サイバー大学の評価が低い口コミ

  • 講義動画の倍速機能がないため、冗長に感じるときがある
  • 高校が情報系だった場合、講義内容に物足りなさを感じる
  • 科目ごとで設置されているディベートのテーマに対して、ズレた回答をしている人は多いような感じがする
  • 社会人が多いため、目立ったサークルは見当たらない
  • オフ会、SNSなどで交流を取ることも可能だが、年齢層のバラつきもすごくて機会は少ない
  • すべてオンラインのため、顔や年齢がわからず、友人といった親密な関係にはなれない

サイバー大学の在学生や卒業生から評価が低い口コミは、講義内容に多かった印象です。

またオンラインでありながら、サイバー大学の講義に倍速機能はありません。

したがって、サイバー大学を時短で選んだ忙しい人にとっては、不満点となるようです。

そしてオンラインのため、人間関係が希薄なので、孤独を感じる人もいるようです。

時短や生徒同士で直接的な交流を取りながら授業に取り組みたい場合、サイバー大学はおすすめできません。

 

在校生や卒業生から評価が高い口コミ

続けて、サイバー大学について評価が高い口コミをご紹介します。

サイバー大学の評価が高い口コミ

  • さまざまな経歴や肩書を持った先生が、分野ごとに生の声で初心者もわかるよう講義してくれる
  • 通勤時間や昼休みなど、隙間時間を利用して受講することができる
  • オンラインのため、理解できないときは何度も視聴できるし、先生にメールで質問することができる
  • 科目ごとに設置されているディベートで、自分から出てこなかった意見が出てきて学ぶこともある
  • ディベートの時間に自分でビジネスを行っている人が意見交換していて、役立つことも多い
  • SNSで学生同士の交流や勉強会を行うなど、充実している

インターネットを利用しているからこそ、空いた時間に受講できる点が、評価されているようです。

また、最前線で活躍する先生が直接教えてくれるため、卒業してから勉強した内容をすぐ仕事に活かすこともできます。

さらに、質問や動画でわからないところは見返し理解を深めることができるところも、高い評価へつながっているようです。

そしてサイバー大学には、ご紹介した通り恥ずかしいと感じている在学生や卒業生もいないようです。

サイバー大学で学びたいことや明確な目的がある場合、ライフスタイルに合わせて勉強することも可能なので、おすすめですよ。

 

 

サイバー大学を恥ずかしいと感じない就職先を紹介!

サイバー大学の在学生や卒業生で、恥ずかしいと口コミをしている人はいないようです。

ただサイバー大学で恥ずかしいと感じる必要がないとわかっても、就職活動についてのサポートは、不安な点もありますよね。

実のところサイバー大学は、通信制大学でありながら就職サポートも充実しているため、安心して就職活動を行うことができます。

サイバー大学は、職場で即戦力となるような人材育成を目標にカリキュラムが組まれています。

そのため、卒業後はすぐに企業で活躍できるほどのスキルを持った人が多いです。

したがって、企業としても採用がしやすく、特にソフトバンクグループへの就職は有利です。

サイバー大学では、卒業後の就職についてさまざまなアプローチを揃えています。

卒業後の就職活動

  • ソフトバンク就活インターン制度を利用する
  • オンライン就職支援システムのキャリタスUCで求人を検索・エントリーする
  • ソフトバンク連携就職支援を利用する
  • 在学中から利用できる転職支援制度にて転職活動をする

サイバー大学では、こちら以外にも就職へのアプローチがさまざま用意されています。

今回は、こちら4つのアプローチについて、詳しくご紹介します。

 

ソフトバンク就活インターン制度

就活インターン制度は、サイバー大学の学生が実際にソフトバンクで、さまざまな業務を体験できる制度です。

企業のさまざまな部署で、ソフトバンクにおける業務を体験することができます。

ソフトバンク就活インターンとして体験できる企業は、以下の2社から選ぶことができます。

就活インターン

  • ソフトバンク株式会社
  • SB C&S株式会社

どちらの企業も実際に働けるため、最先端スキルを肌で感じることができますよ。

さらにソフトバンクの社風を感じながら、サイバー大学で学んだスキルが活かせるか、試すことも可能です。

そして企業で直接働くため、企業とあなたで、お互いの個性や魅力を確認することができますよ。

またインターン中は給与や交通費が支給されるなど、実際の社員と同じ職場環境なので、安心して仕事に取り組めます。

そしてインターンが実施される期間は、夏季休暇期間と決まっているため、授業に影響が出ることもありません。

 

キャリタスUCで求人を検索・エントリー

サイバー大学では、求人票やインターンシップ情報、企業の情報が用意されている就活支援サイト「サイバー大学キャリタスUC」を使用できます。

企業から大学に届く「就活に欠かせない情報」がサイバー大学キャリタスUCへ集まります。

そのためスマホやPCで、求人情報を確認し、自分に合った企業へ直接エントリーすることも可能です。

そしてサイバー大学キャリタスUCは、ソフトバンクグループ以外のインターン制度もあるため、就職に幅が広がります。

サイバー大学キャリタスUCで気になる企業を見つけたときのアプローチも、大学側はしっかりサポートしています。

そのため、以前から憧れていた企業へ行くことができる可能性もありますよ。

また卒業した先輩たちの就活に対するリアルな情報や、体験談を見ることもできます。

OG・OB訪問も、大学からお願いすることが可能なため、安心して就職活動に取り組めます。

 

ソフトバンク連携就職支援制度

ソフトバンク連携就職支援制度では、ソフトバンクグループ企業に途中入社を希望する場合、一般の求職者より優遇されます。

なぜなら大学側から推薦を出すことができるので、書類選考なしで一次面接に進めるのです。

他の企業に比べて一層、サイバー大学で恥ずかしいと感じる必要がない、ソフトバンクグループで優遇されているのは、嬉しいですよね。

しかし書類選考が免除されるのは、ソフトバンクグループだからという理由ではありません。

サイバー大学では、即戦力人材の育成を目標とした特別なカリキュラムが組まれています。

そして企業にとっても、仕事をしながら受講する意欲や向上心が高い、即戦力人材として期待できます。

そのため、企業側も採用がしやすくなるため、一般求職者より優遇されているのです。

 

在学中から利用できる転職支援制度

サイバー大学の学生は6割が社会人なため、在学中に転職できるサポートを用意しています。

連携している大手人材派遣会社を通して、あなたの要望に合わせた求人情報が届きます。

大手企業や外資系企業を始め、さまざまな業種や職種の求人紹介に触れることができますよ。

さらに正社員、フリーランス、契約社員、派遣社員など、多様なライフワークの実現が可能です。

また、どのような仕事が向いているか悩んでいる場合、あなたに寄り添ったキャリア相談もサイバー大学では受け付けています。

在学中に転職活動できることも、サイバー大学の特徴です。

 

 

まとめ

  • サイバー大学は通信制、サイバーという名前、マイナーな大学、Fランク大学に勘違いされるため「恥ずかしい」が併せて検索されていた
  • サイバー大学の在学生や卒業生から「恥ずかしい」という口コミはない
  • サイバー大学は時短や生徒同士で交流を持ちながら受講したい人は口コミ評価が低い
  • サイバー大学は学びたい人や空いた時間を使って受講したい人に口コミ評価が高い
  • サイバー大学は卒業後の就職や転職についてサポートが充実している

サイバー大学は、ITとビジネススキルの両方を学ぶことができる大学です。

「恥ずかしい」は感情なので、人それぞれ感じる内容が違うかもしれません。

しかし、サイバー大学は恥ずかしいと感じる必要がない大学です。

あなたにサイバー大学で学びたいことや明確な目的がある場合は、入学を考えてみるのも良いかと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました