カラスよけネットはニトリで売っていない!他のグッズと対策を紹介!

おすすめ情報
スポンサーリンク

ゴミ出しで気を付けなくてはならないカラス。荒らされるのを防ぐため、カラスよけネットは必須です。

家の前にゴミ出しをしているけど、いつも荒らされるのよね…。

カラスよけネットをニトリで探そうとしているあなた。

残念ながら、カラスよけネットはニトリで売っていません。

家で使うグッズはニトリが頼りになりますよね。そのニトリでカラスよけネットが売っていない。

そうなると、どこでカラスよけネットを探せばよいのでしょうか。

大丈夫です。ニトリ以外の通販でもカラスよけネットは入手できます。

今回はニトリ以外で買えるカラスよけネットやカラスよけグッズを探してみました。

また、カラスよけに有用な対策もご紹介させていただきます。

 

 

スポンサーリンク

カラスよけネットはニトリ以外でも入手可能!

お家のグッズはニトリでとても充実していますよね。お家で何か欲しくなった場合、まず覗いてみることも多いと思います。

カラスよけネットもニトリで探そうと思ったけど、見つからない…。

室内で使用するゴミ箱の取り扱いはニトリに多くあります。色も形もさまざまです。

しかし、カラスよけネットはニトリで取り扱っていません。

手軽に品質のよいものを買えるニトリでカラスよけネットが買えないと困りますよね。

いろいろな店舗を探し回るのも面倒だと思います。

でも、ご安心ください。ニトリ以外の通販でもカラスよけネットを購入することができます。

楽天やアマゾンといった大手モールで安心して購入できるカラスよけネットを調べてみました。

安くて、カラス対策に有効な商品がすぐ入手できますよ。

私もカラスには嫌な思いをしたことがたくさんあります。ゴミ出しの日にカラスが寄ってきたり、近くで狙っていたりすると怖いですよね。

また、ゴミを荒らされてしまったときは怖いだけでなく、片付ける手間までかかってしまいます。

カラスからゴミを守るためにカラスよけネットは必須です。

ゴミ出しで不快な思いをしないためにも、すぐ対策しましょう!

 

 

スポンサーリンク

カラスよけネットでニトリ以外のおすすめをご紹介!

ここからは、ニトリ以外で購入できるカラスよけネットのおすすめをご紹介します。

楽天やアマゾンなどの大型ネットモールでカラスよけネットは入手できます。

手軽にたくさんの商品が見られるので嬉しいですよね。楽天やアマゾンなら、あなたも利用したことがあるのではないでしょうか。

さらに特報です。通販で買えるカラスよけグッズはカラスよけネット以外にも便利なグッズがあります。

おすすめのカラスよけグッズをいくつかご紹介します。あなたのお家に合ったグッズを探してみてください。

※ご紹介する金額はすべて2021年6月現在のものです。

 

カラスよけネット

カラスよけネットは楽天やアマゾンにて 【1,500~5,000円】ほどで入手できます。

ゴミの日にネットを出して、かぶせるだけなので最も簡単なアイテムです。

ネットを設置するのに必要な重りが付いているものも多くあります。そのため、初めてカラスよけ対策をする場合でも、手軽に導入できます。

普段はコンパクトにしまっておけるので、場所を取りません。風で飛ばないようにする工夫も簡単です。

「カラスよけには黄色のネットがよい」という噂があります。この噂は半分正解で半分間違いです。

カラスは視覚がとても優れた動物です。カラスは物を見るときに、紫外線を利用していると言われています。

ゴミを見えづらくするため、開発されたのが黄色の塗料でした。紫外線カットの効果を出すと結果的に黄色であったそうです。

そのため、大事なのは「紫外線をカットする」という機能。黄色という色が大事なのではありません。

カラスよけネット選びに迷っているあなたは、色でなく機能を重視しましょう。

カラスがつついたときに嫌がる辛み成分入りや、ニオイ付きなど他の機能も充実しています。

また、カラスのくちばしを通さないよう、網目が細かいとベストです。

カラスよけネットは手軽に設置できます。しかし、設置の仕方を誤るとカラスに荒らされる可能性は高いです。

カラスの目にゴミが見えているため、狙われやすいからです。それを前提にしっかりと設置するようにしましょう。

カラスは賢いので、うまく設置しないとカラスよけネットを持ち上げて、荒らしてしまいます。

重りが付いていても、少しの隙間から狙われてしまいます。

カラスよけネットは簡単に設置できる分、カラスでも開けやすいことを覚えておきましょう。

【メリット】

  • コンパクトなので、ゴミ出しの日以外はしまっておける
  • 重りが付いているものも多く、簡単に設置できる

【デメリット】

  • ゴミがカラスの目に触れるので、狙われやすい
  • 気を付けて設置しないとカラスが簡単に開けてしまう

 

折りたたみ式回収ボックス

折りたたみ式回収ボックスは楽天やアマゾンにて 【2,900~5,800円】ほどで入手できます。

他のアイテムよりも金額は少し高めです。しかし、最もアイテム数があり、人気の高いアイテムです。

人気の秘密は、どのようなご家庭でも簡単に設置できることです。

コンパクトに折りたたんでおけるので、場所を取りません。ネットからゴミまで距離があるので、カラスに荒らされるリスクも低いです。

カラスよけネットの進化版として捉えてもよいかもしれません。カラスよけネットの手軽さはそのままに、被害を受ける可能性が低くなります。

収集日以外の収納場所については困ることもあると思います。そのため、たためるのはポイントが高いですよね。

ただし、転倒対策が必須です。転がってゴミを散らかしてしまう可能性があります。

ゴミ回収後にはとても軽くなるので、飛んでいきやすいです。

転がって紛失したり、近所に迷惑をかけてしまったりする可能性があります。

そのため、ペットボトルに水を入れたり、レンガを置いたりして対策しましょう。

【メリット】

  • コンパクトにたたんでおけるので、場所を取らない
  • ネットからゴミまで距離があるので、荒らされづらい

【デメリット】

  • 軽いので、転倒対策は必須
  • 重りを別途用意する必要がある

 

ふた付きポリバケツ

ふた付きポリバケツは楽天やアマゾンにて【1,500~5,000円】ほどで入手できます。

また、屋外用のふた付きポリバケツはニトリでも販売しています!

ニトリでふた付きポリバケツの価格は【2,990~3,990円(税込)】でした。

45リットルのゴミ袋が入るサイズで、ふたは開閉に便利なハンドル付き。性能についても、さすが「お、値段以上」のニトリと言えるよさでした。

ニトリでカラスよけグッズが買えるのは嬉しいですね!

地域にもよりますが、ポリバケツでのゴミ出しが可能なら「ふた付きポリバケツ」をおすすめします。

屋外用のポリバケツを購入し、回収日には道路脇へ出すだけです。

ポリバケツの中へゴミを入れておいて、回収日に移動するだけなのでラクですよ。

また、普段から家のゴミ箱がいっぱいになったとき移しておけるので、その点も便利です。

ポリバケツを置くスペースが取れるなら、よいアイテムだと思います。

ポリバケツはカラスからゴミが見えることを防ぎます。狙われてつつかれたとしてもゴミを取り出すことはできません。

ただし、ふたが簡単に開かない工夫は必要です。購入する際には、ある程度ふたがしっかりしたものを選びましょう。

すぐに開くようなものだと、カラスがゴミを取り出してしまうかもしれません。

加えて、風の強い日にはポリバケツが転倒してしまうこともあります。

そうすると、ごみが散乱し、カラスに荒らされてしまいます。

ポリバケツの底に重りを置くなどで対策しましょう。

【メリット】

  • ポリバケツを移動するだけなので、回収日の手間が少ない
  • カラスがつついてもゴミを取り出せない

【デメリット】

  • ふたがしっかりしたものを選ばないとカラスに開けられてしまう
  • ポリバケツを置くスペースが必要

 

トラッシュコンテナ

トラッシュコンテナは楽天やアマゾンにて 【7,700~15,000円】ほどで入手できます。

実を言うと、トラッシュコンテナについてはニトリでも販売されています!

「ごみ収納庫」という名称でガーデニング用品の分類になっています。

しかし、値段は 【14,562~26,290円(税込)】と少々お高め。その分とても頑丈なつくりになっています。

トラッシュコンテナはどこで入手するにしても、値段が高いですね。しかし、耐久性があり、一度設置すれば長く使用できます。

ニトリの「ごみ収納庫」はガルバリウム鋼板という丈夫な素材でできています。サビにも強く、屋外へ置いても安心です。

お家にスペースがあり、しっかりとしたつくりのトラッシュコンテナを設置したい場合、最適でしょう。

ゴミをしっかりと密閉して保管できるので、ニオイ漏れがないという特長もあります。カラスに荒らされる心配もありません。

ただし、折りたたんだり、収納したりすることはできません。幅 【60~80cm、奥行き 【40~65cmのサイズがほとんどです。

そのため、設置する面積をちゃんと考えておく必要があります。寸法は事前にしっかり測っておきましょう。

重さもあるので、配送が問題なくできるか事前に確認しておくとよいです。

トラッシュコンテナ購入の際は、設置方法に注意しましょう。

【メリット】

  • 頑丈な素材でできているので、長く使用できる
  • ゴミのニオイが漏れず、カラスに荒らされない

【デメリット】

  • 設置スペースが大きく取られる
  • 折りたたんだり、収納することができない

 

カラスの視覚を刺激するグッズ

カラスは嗅覚がほとんどなく、主に視覚で情報を得ていると言われています。優れた視覚を持ち、強い光が嫌いです。

そのため、カラスの視覚を刺激して追い払うグッズも販売されています。

楽天やアマゾンで 【1,500~8,000円】ほどで入手できます。

カラスが嫌がる光を発するグッズや、鳥の姿を模したグッズがあります。

どちらもカラスの嫌がるものを見せて、ゴミに寄せ付けない仕組みです。

ゴミの近くに置くだけなので、すぐ導入できるのがよいポイントです。

しかし、はっきり見える「嫌なもの」なので、人の目でも少し気になってしまいます。近所に光が反射し、迷惑となってしまうこともあるようです。

また、商品レビューでも賛否が大きく分かれていました。

カラスが学習して、怖がらなくなってしまうこともあるようです。効果としても少々不安な点があります。

【メリット】

  • 安価なものも販売されている
  • 設置するのが簡単

【デメリット】

  • 人の目でも見ると気になる
  • 効果の信頼度が低い

 

カラスの嫌がる音を出すグッズ

カラスはとても強い警戒心を持っています。そのため、聞きなれない音がする方向には近づきません。

その習性から、カラスが嫌がる音を出して追い払うグッズも販売されています。

楽天やアマゾンで 【3,000円】ほどで入手できます。

カラスが寄ってきたのを感知して、アラームで追い払います。

ただし、人の耳でも聞こえる音なので、近所迷惑にならないよう気を付けましょう。

ある程度近隣の家まで距離がないと使えないかもしれないです。

電池式のものが多く、設置する手間は少ないです。その点は助かりますね。

中には光で追い払う機能を合わせたグッズも販売されていました。

効果ありという声が多かったので、本当に困っている場合導入してみてもよいと思います。

【メリット】

  • 設置の手間が少ない
  • 効果が高いと評価されている

【デメリット】

  • 音がうるさい
  • 電池の交換が必要

 

 

カラスよけネットがニトリにないが対策はすぐできる!

カラスよけネットがニトリになかったため、すぐカラス対策をできない。そうお思いのあなた。

ニトリ頼みだったにも関わらず、入手できなかった場合困りますよね。

カラスよけネットがなくても、すぐできるカラス対策はあります。

ニトリ以外の通販でカラスよけネットを購入しても、届くまで数日かかります。

ここからは明日からできるカラス対策をご紹介します。

新しいカラスよけグッズが入手できるまで、以下の方法を試してみてください。

 

ゴミ出しの時間を守る

ゴミ出しの時間を守るのは当然!そう思われるかもしれません。

しかし、あなたはゴミ出しの正確な時間を把握していますか?

ゴミ出しの時間は市区町村ごとに決まっています。

ゴミを置いている時間が長ければ長いほど、カラスに荒らされる可能性は高くなります。

なるべくカラスの目にゴミが触れる時間を短くすることは大事です。

そのため、設定されている時間を把握し、その時間に合わせてゴミ出ししましょう。

ゴミ収集時間は、各自治体のホームページや情報誌で確認できます。

収集ルートは日によって異なるようです。設定時間からすぐ回収される確約はできませんが、ゴミがカラスに狙われるリスクを少なくできます。

ちょっと気を付けるだけなので、明日からぜひ始めてみてください!

 

生ゴミが見えないように包む

カラスは生ゴミを判別して荒らしています。ゴミを手当たり次第狙っているわけではありません。

そのため、生ゴミを外から見えないようにする対策は有効です。

生ゴミを内側に入れて、外側は紙ゴミで隠しましょう。

ゴミ袋の外を黒いビニール袋で覆ってもよいでしょう。

それだけの工夫でカラスに荒らされる可能性を低くできますよ。

 

新聞紙でゴミ袋を包む

カラスはインクのにおいを嫌がるとも言われています。

そのため、ゴミの外側を新聞紙で覆うことでも対策できます。

ゴミをまとめて、最後に新聞紙で包んでから閉じましょう。

1つ前にご紹介した「生ごみが見えないように包む」こともできるので、ダブルの効果を期待できます。

 

生ゴミの量を減らす

先ほどもご紹介したように、カラスが狙うのは「生ゴミ」です。

カラスは賢いため、それ以外のゴミで荒らすようなことをしません。

そのため、外に出す生ゴミ自体を減らしてみましょう。そもそもゴミに出す量を減らすというのは盲点ですよね。

大変かもしれませんが、環境にも優しいので少しだけでも心がけましょう。

食材は使いきれる量を買う

生ゴミを減らすには、買い物からポイントがあります。

1回の買い物で必要な量をしっかりと見極めましょう。その上で、使いきれる量を買うことが大切です。

間違ってたくさん買ってしまうのを防ぐため、冷蔵庫チェックも欠かさずにしましょう!

買った食材は残さず使う

賞味期限に着目しながら、食材を使いましょう。賞味期限が切れたらすぐゴミになるわけではありません。

切れても多少の時間食べることはできます。消費期限が過ぎたらもう食べられないので、その点は注意してくださいね。

また、それぞれの食品を適切な温度で保管することも大切です。誤って腐らせ、無駄が出ないようにしましょう。

残さず食べる

家族の人数に合わせた量で料理を作りましょう。それぞれの適量を把握しておくことも大切です。

また、保存ができる料理は当日食べきれなかった場合も、次の日などに食べましょう。

いつもゴミにしている野菜・果物の皮が食べられる場合もあります。

楽しく料理しながら、ゴミを減らせるよう工夫してみましょう。

ゴミの水切りをする

実は、生ゴミの約80%が水だと言われています。

ついつい生ゴミは調理で水浸しになったまま捨ててしまいますよね。

その水をしっかり切るだけでも量が減らせますよ。

三角コーナーで乾燥させたり、生ゴミ用の袋を利用したりして絞ってから捨てるようにしましょう。

生ゴミ処理機を使う

生ゴミを乾燥させてパリパリにする「生ゴミ処理機」というものもあります。

容器の中で生ゴミの水気を飛ばし、パリパリにします。

食材がゴミ箱で腐るのを防ぐこともできます。そのため、ニオイが抑えられるのも嬉しいポイントです。

 

 

まとめ

  • カラスよけネットはニトリで売っていない
  • ニトリ以外でも大手ネットモールなどでカラスよけネットを購入することができる
  • カラスよけネットは機能を重視して選び、簡単に開けられないよう設置した方がよい
  • 折りたたみ式回収ボックスは商品数が最も多く、人気の高いアイテム
  • ふた付きポリバケツは回収日に出すのが簡単で荒らされづらい
  • トラッシュコンテナは値段が高いが、頑丈で長く使用できる
  • ふた付きポリバケツとトラッシュコンテナはニトリでも売っている
  • カラスの視覚を刺激するグッズや嫌がる音を出すグッズもある
  • カラスよけネットを買えなくても、すぐできるカラスよけ対策がある

カラス対策は永遠の課題とも言えるものかもしれないですね。

たくさんのカラス対策グッズが出ていて、どんどん進化しているのを実感できました。

ニトリ以外でも頼りになるグッズがたくさんありましたね。

お家によって置けるスペースや必要な対策が異なると思います。

そのため、カラスよけ対策グッズについていろいろ見たうえで決めるとよいでしょう。

グッズだけではなく、ゴミの出し方でも対策ができます。

カラスよけグッズとその対策を組み合わせれば、きっとカラスに悩まない日々が来ますよ!

あなたが快適にゴミ出しできるのを応援しています。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました