シカクリームの使い方を解説!肌荒れやニキビに最適なおすすめ商品も!

おすすめ情報
スポンサーリンク

肌の鎮静効果があるとされる「シカクリーム」。韓国発祥のスキンケアアイテムです。

肌荒れしているときやニキビができているときに使用でき、日本でも大人気です。

使い方が簡単なのも人気の理由。スキンケアの最後に塗るだけです。

「シカ(Cica)」は、ツボクサから抽出される鎮静成分のこと。

「負傷した虎がツボクサで傷を治した」という逸話があるほど、古くから信頼されている成分です。

韓国では、美容医療後のケアとして処方されることもあるそう。

毎日使うことで肌のさまざまなトラブルを改善、予防します。

これだけの効果が期待できるシカクリーム。ちゃんとした使い方でうまく取り入れたいですよね。

今回はシカクリームの使い方と効果、おすすめ商品をご紹介します。

シカクリームマスターになって美肌を目指しましょう!

 

 

スポンサーリンク

シカクリームの使い方解説!スキンケアの最後に塗ろう!

シカクリームはよいと聞くけど、いまいち使い方がわからなくて買えない…。

そうお思いのあなた。身構える必要はありません。

シカクリームは通常のクリームと同様に使うことができます。スキンケアの最後に塗るだけです。

特におすすめなのは、肌が荒れている時期の使用です。

肌荒れしているときには、なるべく肌へ刺激を与えたくないですよね。

いつも使っているクリームでは、その有効成分によって肌荒れが悪化してしまうこともあります。

しかしシカクリームは、鎮静効果を持つクリームです。肌荒れしているときでも安心して使うことができます。

私も肌荒れしているときは、いつも使っているクリームの代わりにシカクリームを使っています。

肌荒れしていても低刺激で、スッと落ち着く実感があります。

1本持っておくだけで、肌荒れ期でも安心してスキンケアできますよ。

手軽に取り入れられるアイテムなので、ぜひ試していただきたいです。

ここからは、シカクリームの使い方を徹底解説します。

 

朝は日焼け止めの前にフタとして!

朝シカクリームを使うときは、このような順番で塗りましょう。

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 美容液
  4. 乳液
  5. シカクリーム
  6. 日焼け止め
  7. 化粧下地
  8. メイク

朝はスキンケアの最後、薄めに広げてあげましょう。スキンケアのフタをするようなイメージです。

膜を張るように薄くのばすのがポイントですよ。

厚めに塗ってしまうと、化粧のヨレへつながってしまいます。

薄く塗ってもヨレが気になったり、オイリー肌だったりする場合は乳液を抜いてあげてもよいでしょう。

また、シカクリームには日焼け止め効果のないものが多いです。朝はしっかり日焼け止めも塗ってあげるようにしましょう。

シカクリームを朝使えば、肌荒れしているときの赤みが気になりにくくなります。

肌荒れのときは、人と顔を合わせることさえおっくうになってしまいますよね。

そのようなときでもシカクリームは肌を落ち着かせてくれて、気分が上がります!

肌荒れ期のお守りとして肌に仕込んでおきましょう。

 

夜もスキンケアの最後にしっかりと!

夜にシカクリームを使うときは、このような順番で塗りましょう。

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 美容液
  4. 乳液
  5. シカクリーム

夜もスキンケアの最後に塗りましょう。成分をなじませるように、しっかり手で包み込んで塗ってあげるとよいです。

シカクリームの量によって、鎮静効果が変わることはありません。

しかし、たっぷり塗ることで保湿効果は高められます。あなたの肌質によって量を調整しましょう。

薄めに塗ればさっぱり使うことができます。厚めに塗るとしっとり感を実感できます。

夏と冬、季節によって量を調整してあげてもよいでしょう。

寝ている間に肌は修復されます。朝晩2回の使用がおすすめですが、夜だけでもしっかり効果を感じられますよ。

肌荒れやニキビはとにかく早く治したいですよね。

シカクリームの鎮静効果と睡眠で、いち早く肌を落ち着かせてあげましょう。

 

肌荒れがひどいときはシンプルケアで!

肌荒れがひどくて悩んでいるときには、このような使い方をしてみましょう。

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. シカクリーム

シカクリームの鎮静効果を活かした、とにかくシンプルなケアがおすすめです。

肌荒れの原因はさまざまです。原因の確定は難しいため、まず刺激となるようなことを避けましょう。

エイジングケアや美白ケアの有効成分が悪影響を及ぼしている可能性もあります。

肌荒れがひどいときは欲張らず、まず肌を落ち着かせてあげるようにしましょう。肌荒れ期には思い切って「抜いてみる」ケアも大切です。

シカクリームだけでも十分な保湿効果があるので、心配は要りません。

シンプルケアでも乾燥することなく、肌が安定してくるのを実感できますよ。

シカクリームの鎮静効果をしっかり感じられる使い方です。

 

 

スポンサーリンク

シカクリームの効果は肌荒れやニキビに最適!

シカクリームは「肌再生クリーム」と呼ばれるほど、抜群の鎮静効果があります。

シカクリームに配合されているツボクサエキスは、古くから傷やヤケドの治療に使われてきました。

ツボクサエキスには保湿効果もあり、あらゆる肌悩みを対策できます。肌を整えて、元気にしてくれると話題です。

シカクリームはこちらのようにさまざまな効果が期待できます。

【シカクリームに期待できる効果】

  • 肌荒れの改善
  • ニキビ悩みの改善
  • ニキビ跡の鎮静
  • 赤み、炎症を抑える
  • 肌のキメを整える
  • ターンオーバーを整える
  • 乾燥肌の改善
  • シミ、しわの予防
  • 毛穴の引き締め

このように多様な効果が期待できますが、最も得意とするのは鎮静です。肌荒れやニキビ悩みへの効果が高いとされています。

シカクリームは敏感肌やニキビ肌でも使える安心のアイテムです。

普段、肌荒れやニキビに悩んでいるあなたはぜひ取り入れてみてください。

元々敏感肌でないあなたも肌荒れしてしまう時期はあると思います。そのような時期だけ使用するのもおすすめです。

私も月に一度くらい、肌荒れの時期が訪れます。そのようなときに普段使っているクリームを使うことは抵抗がありました。

普段使っているクリームに入っているエイジングケアや美白ケアの有効成分は、刺激が強いこともあります。

そのため、「肌荒れを悪化させてしまうかも…。」という心配がありました。

そこで出会ったのがシカクリームです。鎮静効果があるということですぐに食いつき、使用してみました。

肌をしっとり優しく包み込むテクスチャに感動!それからは常備して、肌荒れの時期に必ず使っています。

シカクリームはそのとき受けているダメージだけでなく、日々受けるダメージを防いでくれる効果も期待できます。さらに、刺激が少なく優しい使用感で肌を支えてくれます。

「お守りスキンケア」として1本は持っておきたいクリームです。

 

 

シカクリームのおすすめ厳選10商品をご紹介!

シカクリームは韓国発祥のアイテムです。コスメ好きの口コミから火が付きました。

今は、日本でもたくさんの種類が並んでいます。

バラエティショップやドラックストアでも気軽に入手できますが、「どれを選べばよいの?」と感じられるかもしれません。

同じシカクリームでもブランドによって特徴が異なります。鎮静効果以外の効果や保湿感によって選ぶとよいでしょう。

今回は私がおすすめする商品を10個ご紹介させていただきます。あなたに合ったシカクリームを選んでみてください!

※商品の価格はすべて税込みです。2021年7月時点のAmazon販売価格を参照しています。

 

VTコスメティクス「シカクリーム」

VTコスメティクスは、日本で注目度ナンバーワンとも言えるブランドです。

化粧水からクリームまであらゆるシカアイテムを販売しています。

VTコスメティクスのシカクリームはジェル状で軽い使用感が特徴です。

薄い緑のジェルがスッと肌に馴染みます。みずみずしいテクスチャなので、ベタつきが嫌いなあなたにおすすめです。

少し薬草のようなにおいがしますが、気になるほどではありません。

バリア機能や鎮静効果、保湿効果を高める成分が配合されており、肌のダメージも素早く落ち着けます。

肌の基盤を整える効果が高いシカクリームです。

  • 価格:2,730円
  • 容量:50ml

 

Dr.Jart+(ドクタージャルト)「シカペアクリーム」

日本でのシカクリーム人気を作ったと言っても過言ではない商品です。

皮膚科医推奨のブランドで、安心して使える信頼感に定評があります。

Dr.Jart+(ドクタージャルト)は、バランスのよい使用感が特徴です。

こっくりした緑のクリームが肌に密着して守ってくれます。保湿効果が感じられるので、乾燥肌のあなたにおすすめです。

ツボクサエキスが高濃度で配合されており、肌に優しくなじむのを実感できます。

肌がしっかり守られる感覚を得られるクリームです。

  • 価格:2,628円
  • 容量:50ml

 

イニスフリー「ビシャシカバーム」

低価格で使いやすいアイテムが人気のイニスフリーでもシカクリームは販売されています。

イニスフリーのシカクリームは、とてもさっぱりしていて軽い使用感が特徴です。

みずみずしく、肌にうるおいを与えてくれます。さらっと軽い付け心地なので、脂性肌のあなたにおすすめです。

低刺激な処方になっており、肌へ優しくなじむのを実感できます。

軽いテクスチャなので、メイク前でも使いやすいクリームです。

  • 価格:1,600円
  • 容量:40ml

 

デュイセル「シカプラスバームクリーム」

デュイセルは、韓国を代表するドクターズコスメブランドです。

デュイセルのシカクリームは、保湿力を高める処方が特徴。

とろみのあるジェルにカプセルが入った個性的なテクスチャです。このカプセルは保湿成分で、肌に馴染むとツヤを出してくれます。ハリツヤを実感したいあなたにおすすめです。

ビタミンC誘導体も配合されており、肌に活力を与えてくれます。

肌を鎮静するのと同時に保湿ケアができるクリームです。

  • 価格:3,249円
  • 容量:50ml

 

シトラナ「シカリペアクリーム」

シトラナは日本のシカスキンケアブランドです。化粧落としクリームで有名なDuo(デュオ)の姉妹ブランドとして展開されています。

軽い付け心地と外的ダメージを防ぐ処方が特徴です。

テクスチャはジェルに近い軽やかさです。花粉やPM2.5のダメージを防ぐ成分が入っています。

そのため、外的ダメージからの肌荒れを防ぎながらケアすることができます。

日本製へのこだわりがあるあなたにおすすめです。

  • 価格:4,950円
  • 容量:50ml

 

アイオペ「ダーマリペアシカクリーム」

アイオペは韓国最大手のアモーレパシフィックグループから出ているメディカルコスメブランドです。

比較的高価格ですが、品質の高さから注目されています。

アイオペのシカクリームはしっとり濃密で、重いテクスチャが特徴です。

伸ばすとしっかり肌に密着し、ケアしてくれるのを実感できます。

保湿力の高さを求めるあなたに使ってほしいクリームです。

肌の負担になる成分が入っていないので、敏感肌でも安心して使えます。

  • 価格:3,080円
  • 容量:50ml

 

コジット「シカメソッドクリーム」

コジットのシカクリームは、日本人に合うよう独自処方を採用しています。

抗炎症成分を使用し、肌荒れ対策に効果的なのが特徴です。

テクスチャはクリームとジェルの中間。軽やかな付け心地です。

ほどよい柔らかさのクリームが顔に薄く膜を張って、外的刺激から守ってくれます。

日本製の安心感も嬉しいですね。トラブルのない肌を目指すあなたにおすすめです。

  • 価格:1,363円
  • 容量:75ml

 

Dr.G(ドクタージー)「シカエスクリーム」

Dr.G(ドクタージー)は、韓国の美容クリニックから生まれたブランドです。

Dr.G(ドクタージー)のシカクリームは、ケア成分を多く配合しているのが特徴です。

水分量がとても多いクリームで、みずみずしく肌になじみます。ベタつきもないので、メイク前の保湿にぴったりです。

ケア成分を多く配合し、集中的にダメージ補修します。

乾燥でゆらぎがちな肌を健やかに導いてくれますよ。

  • 価格:2,480円
  • 容量:50ml

 

A’PIEU(アピュー)「マデカソシカクリーム」

A’PIEU(アピュー)は肌にやさしいスキンケア商品を扱っている韓国のブランドです。

肌をしっとり保湿してくれるなめらかさが特徴です。

水分量が多く、スルスルと肌になじみます。柑橘系の香りで気分よく使用できるのも嬉しいポイントです。

A’PIEU(アピュー)のシカクリームは浸透力が高く、ざらつきがちな部分にも使えます。

シンプルな処方でどのような肌質でも使いやすいクリームです。

  • 価格:1,430円
  • 容量:50ml

 

ラロッシュポゼ「シカプラストクリーム」

ラロッシュポゼはフランスのスキンケアブランドです。

トーンアップ下地クリームが日本でも大人気です。あなたも名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

ラロッシュポゼのシカクリームはシアバターを配合した優しい保湿感が特徴です。

なめらかなクリームで、肌にしっとりとなじみます。

新陳代謝を整える成分が配合されており、ツヤのある肌に仕上がります。

赤ちゃんから使える低刺激設計のクリームです。日本未上陸ですが、口コミで注目を集めています。

通販サイトで入手できるので、気になったあなたは探してみてください。

  • 価格:2,351円
  • 容量:100ml

 

 

まとめ

  • シカクリームはスキンケアの最後に塗るだけなので、使い方が簡単
  • シカクリームは鎮静効果があり、肌荒れ期でも使えて安心
  • 朝は、日焼け止めの前に薄くのばすのがよい
  • 夜は、スキンケアの最後にしっかり手で包み込んで塗るのがよい
  • 肌荒れのひどいときは、シンプルな使い方がおすすめ
  • シカクリームは肌を守りながら修復してくれるクリームで、1本持っておくと安心できる
  • 同じシカクリームでも商品によって特徴は異なる
  • 鎮静効果以外に求める効果や保湿感で決めるとよい

スキンケアアイテムは本当に多様なので、何を選べばよいか迷いますよね。

コスメマニアの私はいつもさまざまなスキンケアアイテムを試していますが、シカクリームはとても役立っています。

肌荒れ期でも安心できるアイテムは貴重です。低価格で気軽に試せるのも嬉しいポイント。

使い方も簡単なので、買って損はないアイテムだと思います。

ぜひシカクリームの鎮静効果を体感してみてください。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました