ハンドメイド布小物は売れ筋商品を布合わせで作る!売れるコツも紹介

おすすめ情報
スポンサーリンク

おうち時間が増えたことで、ハンドメイドの布小物もお部屋にあふれてはいませんか?

あなたが作った布小物、フリマサイトやハンドメイド通販サイトで売ってみましょう。

しかし、できあがった布小物が売れなければモチベーションも下がりますよね。

そこで、売れ筋商品にするため、布合わせで作りほかの作品と差をつけましょう。

布合わせをして作れば、オリジナリティーが出せ、売れ筋商品の仲間入りです。

時間をかけて作った布小物が、サイトの売れ筋商品になったら嬉しいですよね。

売りたいけど何を作ればいいか悩んでいるあなた。また、出品してもなかなか売り上げにつながらないと悩んでいるあなた。

ハンドメイド布小物を売れ筋商品にするためのコツもまとめました。出品の参考になさってください。

 

 

スポンサーリンク

ハンドメイド布小物は売れ筋商品を布合わせで作る

ハンドメイド作品を販売・購入できるサイトが増えましたね。

私も売ってみようかしら

布小物作りが趣味のあなたは、そんな風に思いはじめていませんか?

販売するとなれば、どんな布小物が売れ筋なのか気になりますよね。

また、ハンドメイド作家も多いため、ほかの布小物に埋もれては意味がありません。

そこで、売れ筋商品にするため、おすすめなのは布合わせをして作ることです。

組み合わせる布の違いで、簡単にオリジナリティーを出せ、ほかと差がつきますよ。

あなたや家族が使うためなら、好きな色の布で作成できます。

しかし、販売するならそうはいきませんよね。出品されているさまざまなハンドメイド作品から、あなたの布小物が目を引くように作りましょう。

あなたの布小物へファンがつけば、すぐ売れ筋商品になりますよ。

そうはいっても、どんな布を選べばいいのか迷うところです。

そんなときは、センスがよく人気なハンドメイド作家のマネからはじめてみましょう。

マネをしているうち、だんだんと布合わせのコツがつかめるようになります。上手い人のマネが上達する近道ですよ。

そして、布小物の完成形をイメージし、布並べしましょう。布を決めるのは楽しいですが、時間もかかります。

あらかじめ完成形をイメージして作業することで時間短縮できます。

 

布合わせのポイントは2つ

ハンドメイド布小物の作成時、布合わせでオリジナリティーがある作品にできます。

布合わせの際、どんな布を合わせてもいいわけではありません。

布合わせをするにも基本はあります。センスよく見せるポイントを2つお伝えしますね。

【布合わせのポイント2つ】

  • 柄と無地のバランスを考える
  • 色のトーンを合わせる

一つ目は「柄と無地のバランスを考える」です。【柄6:無地4】くらいの割合で合わせてみましょう。

コツは、無地の分量が多くなり過ぎないようにすることです。これがうまくいけばセンスよく見られますよ。

二つ目は「色のトーンを合わせる」です。トーンを合わせることで統一感が生まれます。

合わせる色のトーンがあまりかけ離れていると違和感を覚えます。

まったく同じとは言いませんが、できるだけ近いトーンの布を選ぶようにしましょう。

「トーン」は、色の明るさと鮮やかさを合わせたものです。色の印象を表すもので、色調とも言われます。

例えば、「ビビッド」や「パステル」のように、色は違うけれど、同じ印象を受けるカラーがありますよね。それが「トーン」と呼ばれるものですよ。

布合わせのポイントを2つお伝えしましたが、これはあくまでも基本です。

このポイントを実践すれば必ず売れ筋商品になるとは限りません。

実際にいろいろ試し、あなただけの素敵な組み合わせを見つけてくださいね。

かわいらしい柄、シックな色やレース模様…布の組み合わせは自由です。

しかし、注意点が一つあります。それは、キャラクターやデザインに著作権・版権がある布地で作った作品を販売できないことです。

あなた個人で楽しむために作成するのは構いません。しかし、ハンドメイド作品だとしても、販売することは禁止なのです。そのことにだけ注意して布を選びましょう。

 

 

スポンサーリンク

ハンドメイド布小物の売れ筋おすすめ商品3選

ハンドメイド布小物をサイトに出品する際、布合わせがおすすめです。

布が決まったら、次の問題はどんな布小物を作るかですね。

出品するハンドメイド布小物の種類により購入してもらいやすくなります。

売れ筋商品になりやすいハンドメイド布小物のおすすめは3つあります。

次は、ハンドメイド布小物で売れ筋商品になりやすいおすすめの3つをご紹介します。

【売れ筋商品おすすめ3選】

  • マスク関連商品
  • 子供用バッグ類
  • ミニトートや巾着

通年使用されるものや季節商品、トレンド品が売れ筋になりやすくおすすめです。

以下でもう少し詳しく解説いたします。一緒に確認していきましょう。

 

マスク関連商品

マスク関連の商品は通年使われるため、売れ筋になりやすいです。具体的には以下のような商品です。
布マスク、マスクカバー、インナーマスク、マスクポーチなど

使う人が多ければ、そのぶん需要は高く、売れ筋商品となります。

マスクそのものだけでなく、マスクカバーやマスクポーチなども人気です。マスクは薄い色や無地のものが売れ筋です。

また、フィルター用ポケット付きなど、工夫されたデザインのものが注目されやすいですよ。

 

子供用バッグ類

子供が使用するバッグ類、具体的な商品は以下のものです。

体操着入れ、レッスンバッグ、上履き入れ、お弁当用の巾着、コップ用の巾着など

入園、入学時や習い事をはじめる際に必要な子供用バッグ類。春先になるとハンドメイドの子供用バッグ需要が増えます。

子供用バッグ類は、名前が記入できるワッペンやタグ付きだと嬉しいです。そういった配慮があると、ママから注目されやすくなりますよ。

また、同じ柄で揃えれば「○○ちゃんのもの」と子供が認識しやすくなります。セット商品で販売すれば、さらに注目してもらえるでしょう。

 

ミニトートや巾着

ミニトートや巾着も季節問わず使われるため、売れ筋商品になりやすいですよ。

サブバッグやエコバッグとして使えるサイズ、男女兼用の巾着バッグなど

エコバッグを持ち歩くことがあたりまえになりましたね。それにより、エコバッグとして使えるミニトートや巾着が人気です。

コンビニで少量の買い物をした際も使いやすいサイズだと便利ですね。

また、男性が持ち歩きやすいシックな色で作れば男女兼用として出品できます。

また、2021年現在、巾着バッグは男性にも注目されています。

ハンドメイド布小物を作るなら、トレンドのリサーチは欠かさずに行いましょう。

販売用の布小物を作る際はどんな人が使うか、具体的にイメージしてから取り掛かりましょう。

ターゲットをイメージすることで布合わせや色選びもしやすくなりますよ。

また、季節やトレンドをいち早く取り入れれば、あなたの商品が早いうちに売れ筋となります。

子供用バッグ類や巾着バッグがそうですね。春は新年度準備グッズ、冬ならクリスマスの小物など、季節を先取りして作るようにしましょう。

 

 

ハンドメイド布小物を出品するコツは4つある

ハンドメイド布小物は布合わせしたオリジナル生地で作り、ターゲットを具体的にイメージする。

これであなたのハンドメイド布小物は売れ筋商品へとまた一歩近づきましたね。

しかし、フリマサイトなどに出品する際、商品説明と写真を載せればすぐ売れるわけではありません。

実のところ、ハンドメイド布小物を出品する際にはコツが4つあります。

そこで次は、フリマサイトなどに出品する際のコツ4つをご紹介します。

【出品する際のコツ4つ】

  • セットやまとめ売りをする
  • 検索されやすい名前にする
  • 出品写真は明るくする
  • テーマを決めて出品する

出品する場所がフリマサイト、ハンドメイド通販サイトのどちらかでもコツは違います。

しかし、上記4つのコツをおさえることで、比較的目に留まりやすくできます。

では、4つのコツを詳しく見ていくことにしましょう。

 

セットやまとめ売りをする

布小物は小さいサイズのため、1つずつ販売すると、都度、手数料や送料がかかります。

そのため、似たような色でセットにして販売することをおすすめします。

例えばマスクの場合、2~3枚でまとめ売りをします。まとめる場合、派手な生地のマスクが入ると売れにくいです。薄めの色でマスクセットを作るようにしましょう。

また、上記で紹介していますが、子供用バッグ類もまとめ売りにすると注目されやすくなります。

また、まとめることでお得感が出て購入されやすいですよ。

 

検索されやすい名前にする

例えば、ファスナーポーチを作成したとします。作ったあなたはメイク用品入れを想定していたかもしれません。

しかし、2021年現在なら「マスクポーチ」として売りましょう。

出品時、需要があるものに関係した名前であれば売れやすくなります。

そして、商品説明欄でメイクポーチやペンケースなど、ほかの用途にも使えることをアピールしましょう。

ただし、マスクより小さいサイズのものを「マスクポーチ」として売らないでくださいね。

作成するときはサイズも意識し、そのうえで名前を決定しましょう。

 

出品写真は明るくする

フリマサイトなどでは1つの商品に対して、写真を複数登録することができます。

その際、1枚目に登録した写真が検索画面へ表示されます。ですから、1枚目の写真が印象に残るよう工夫しましょう。

写真加工アプリなどで商品名などを文字入れするのもいいですね。

また、全体的に暗い写真はイメージが悪くなり、あまり見てもらえません。

写真は商品の色がかわらない程度に明るく調整か、撮影ボックスで撮りましょう。

 

テーマを決めて出品する

あなたのアカウントテーマを決めて出品することで、リピーターが付きやすくなります。

一つのアカウントでテーマに合う世界観を表現しましょう。

コンセプト・ターゲット・ジャンルなどにおいてブレない世界観が出せるといいですね。

例えば、優しい色合いの布小物を出品し、リピーターがついてきたとします。

その際、突然派手な小物が出品されたらリピーターはどう感じるでしょうか?おそらく、ほかの作家が作ったと思うはずです。

いろいろ迷い、試行錯誤することも多いでしょう。しかし、あなたの好きなもので世界観を作り上げてください。そのほうが絶対楽しいですし、長く続けられます。

どうしても違う世界観のものを出品したければ、別サイトや別アカウントで出品するといいですよ。

ハンドメイドで布小物を作っていると、普段からいろいろなデザインが気になりますよね。

雑貨屋に足を運び、お気に入りの服屋へ行くときでさえ「これいいな」と考えてしまいます。

これは素敵だなと思ったデザインや色の合わせかたをマネてもいいですね。

色合わせが特徴的でわかりやすいのは、北欧柄だと思います。食器などを見たとき「これ、北欧っぽい」とすぐわかりますよね。

あなたの布小物も「○○さんっぽい」と、目を引く作品になるよう祈っています。

 

 

まとめ

  • ハンドメイド布小物は売れ筋商品を布合わせして作る
  • 布合わせで簡単にオリジナルの生地が作れる
  • 布合わせした生地はほかの作品と差がつく
  • ハンドメイド布小物はセンスがよい作家のマネからはじめる
  • 布合わせのポイントは2つ
  • 売れ筋になりやすい商品は3つ
  • ハンドメイド布小物を出品するコツは4つ

ハンドメイド布小物を出品するときは、リサーチが重要です。

どんな作品が売れ筋か、価格の設定はいくらかなど気になることばかりです。

売れる布小物は何か悩み過ぎて作成が進まないこと、ありますよね。

そんなときは、ハンドメイドが好きという気持ちを思い出しましょう。

売れ筋商品ばかり気にせず、ただただ好きなものを作ることで気分転換できますよ。

あなたが楽しんで作った布小物は、必ず誰かの好きと繋がっています!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました