沼というダイエットレシピを1ヶ月食べれば減量可能!やり方を解説!

おすすめ情報
スポンサーリンク

あなたは、沼というダイエットレシピをご存じでしょうか?

この沼というダイエットレシピを1ヶ月食べるだけで減量出来る事が話題になっています。

このダイエットレシピは「マッスルグリル」というYouTubeで考案されました。

考案者は、現役ボディービルダーでありながら調理師免許をお持ちのシャイニー薊(あざみ)さんです。

そもそも沼というダイエットレシピはシャイニー薊さんが1ヶ月かけて減量するために考案されたレシピなのです。

そのため、1ヶ月で減量出来るダイエットレシピとして広まっているそうです。

今回はこちらの沼を実際に調理してみましたので、その画像と共にご紹介していきます。

あなたも1ヶ月沼生活が送れるかどうか、ぜひ最後までご覧くださいね。

 

 

スポンサーリンク

沼ダイエットをして1ヶ月で減量出来る!

沼ダイエットをして1ヶ月で減量出来るのは本当です。

そもそも沼とは、YouTubeに投稿している現役ボディービルダーのシャイニー薊さんが考案されました。

1ヶ月で減量するために考えられたダイエットレシピの事です。

このレシピは10合炊きの炊飯器を使って、シャイニー薊さんが必要としている1日の摂取カロリー約1800キロカロリーを目安としてつくられています。

沼って食事の名前にしては美味しくなさそうな名前をしているけど、美味しいの⁉

確かに、「沼」という名前はインパクトが強いですよね。

しかし私が実際に作ってみたところ、美味しくて腹持ちもよかったです。

1ヶ月の内、1食置き換えるだけでもダイエット効果のありそうな減量飯だと思いました。

ただ、食事の見た目を重視する場合には、向いていない減量飯だと思います。

 

 

スポンサーリンク

沼ダイエットのやり方とポイントを紹介!

沼ダイエットのやり方を簡潔に言えば、沼を作って1ヶ月食べるだけです。また、沼の大事なポイントは水分量です。

沼の作り方は米、鶏むね肉、干しわかめ、干し椎茸、オクラ、塩、カレー粉、水を入れて炊飯器や圧力鍋で炊くだけです。

これから、沼ダイエットのやり方について詳しく説明していきますね。

ではまず、10合炊きの炊飯器を用意してください。

私の家には10合炊き炊飯器なんてないわ!!これじゃ作れないわ。

このように思うかもしれません。なぜなら、私も思いました!

しかし、私は3合炊き炊飯器しか持っていないので、10合炊きの量を3合炊きに換算して作りました。

3合炊きの炊飯器でも作れますので、ご安心くださいね。

まずはYouTubeの「マッスルグリル」で紹介されている、10合炊きの炊飯器で作るやり方を紹介します。

材料(上から順に炊飯器に入れる順番で紹介します。)

    • 米 272g
    • 干しわかめ 一掴み
    • 干し椎茸 一掴み
    • 塩 少々
    • カレー粉 スプーン1杯程度
    • おくら 10本
    • 水 1.8リットル~2リットル
    • 鶏むね肉 679g(皮のみ取り除く)

手順

  1. 紹介した材料を順番に炊飯器か圧力鍋に入れる
  2. 出来上がったら、6時間以上保温し蒸らしの状態を維持する

このように、簡単な手順で沼ダイエットが出来ます。

上記手順で一番大事なのが、材料を入れる順番です。

必ず、紹介している材料の上から順に入れてくださいね。

また、沼ダイエットが成功するやり方のポイントとしては、水を多めに入れる事です。

出来上がった時には、具材がほぐれており跡形もなくなりますよ。

シャイニー薊さんのYouTubeチャンネル「マッスルグリル」に作り方を紹介した動画がありますので、ぜひ検索してみてください。

 

実際に作ってみた感想

「マッスルグリル」のYouTubeで紹介があった分量を3合炊き炊飯器の量に換算しました。

下記へ3合炊き用の分量を参考程度に載せておきます。

材料(上から順に炊飯器に入れる順番で紹介します。)

  • 米 82g
  • 干しわかめ 一掴み
  • 干し椎茸 一掴み
  • 塩 少々
  • カレー粉 適量
  • おくら 3本
  • 水 800ミリリットル
  • 鶏むね肉 204g(皮のみ取り除く)

実際に作ってみて、材料を入れるだけで出来るので、簡単だと思いました。

見た目は、沼という言葉があっているような感じです。

それは置いておいて食べてみた感想は、「うまい!!」

そう言いたいところでしたが、わかめと椎茸のうまみ成分が少なかったためか、薄味に感じました。

したがって、醤油を最後に少し追加しました。醤油の量は少々です。

醤油を追加したら「うまい!!」と胸を張って言える沼になりました。

ただ、沼は見た目があまりよろしくないので、人前で食べるのは恥ずかしいかもしれません。

私も会社に持って行って食べる際は、少し勇気が必要でした。

また、沼を作って数日経ったのですが、炊飯器からカレーの臭いがまだ取れません。

 

 

沼ダイエットは女性からも人気の減量飯!

沼ダイエットは女性にも、とても人気があるようです。

手軽にチャレンジする事ができるのでいいですよね。

沼ダイエットは、基本的に1日を通して沼を食べるという物です。

レシピも簡単で、お財布にも優しい沼ですから、ダイエットをしたい女性へもってこいのダイエットレシピですね。

また、シャイニー薊さんの沼を女性用に改良したレシピも人気を博しています。

こちらは、人気YouTuberのたけわきまりなさんが作ったものがおすすめ。

沼にハマる女性が多く出てきそうですね。ぜひチェックしてみてください。

沼は、P(たんぱく質)、F(脂質)、C(炭水化物)のバランスが非常に優れた減量飯として有名です。

ただ、ビタミンは少ないので沼以外から摂取する必要がありそうですね。

また、現役ボディービルダーのシャイニー薊さんが考案したダイエットメニューというだけあって、体を引き締めたい男性からも人気を集めています。

SNSでは男女問わず沼ダイエットをやってみたという報告が多数あげられています。

ただ、実際に痩せられたという報告をされているのは女性よりも男性の方が多いようです。

1日に必要な摂取カロリーと沼で摂取できるカロリーの差を考えると、女性より男性が大きいからかと思いました。

 

沼だけじゃない⁉他にもある減量飯を紹介♪

究極の減量飯として話題になり、人気を博している沼。

実は、沼の他にもいくつか減量飯があるのです。

YouTubeの「マッスルグリル」で紹介されている、沼以外の減量飯を紹介します。

  • マグマ
  • セメント
  • ボルケーノ
  • ジャガバード

ネーミングセンスはさておき、上記4種類があります。

どれもPFCのバランスがとれており、カロリーも約1800キロカロリーを目安に作られています。

 

 

まとめ

  • 沼ダイエットは1ヶ月で減量出来る
  • 沼の摂取カロリーは約1800キロカロリー
  • 沼ダイエットのやり方は、沼を作って1ヶ月食べるだけ
  • 沼ダイエットが成功するやり方のポイントは、水分量にある
  • 沼ダイエットは女性からも人気の減量飯
  • 沼以外にも4種類の減量飯が有名

今回私は実際に沼を作ってみました。炊飯器に食材を入れる際の手間がほとんどなくてよかったです。

少し時間がかかるとすれば、米と水の分量を量ったり、鶏むね肉から皮を剥いだりする工程のみ。

簡単な調理で済むので、1ヶ月なら続けられそうかなと思いました。

カレー粉を入れるので、炊き上がりにはカレーのいい香りがして食欲もそそられます。

見た目は、沼という名前がピッタリという仕上がり。

味はカレー風味で、うまみ成分である椎茸やわかめの出汁が効いていました。

沼が気になっているなら、簡単で材料も少なくお財布に優しいので、ぜひ作ってみてください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました