ハトメパンチはダイソーで売っている!使い方や活用アイデアも紹介!

おすすめ情報
スポンサーリンク

布や紙など、あいた穴から裂けることがないよう、補強するためにリング状の金具で縁取られた「ハトメ」。

実用的なだけではなく、タグやメッセージカードに1つ付いているだけで、オシャレ度がアップするところも魅力ですよね。

そして、こちらのハトメを付ける道具が「ハトメパンチ」です。

ただ、手芸店などで見かけるハトメパンチは、意外と値段が高い…。

あなたも「こんなに高いと思わなかった…。」と購入を見送ったことが、あるのではないでしょうか。

しかし実のところ、ハトメパンチはダイソーに売っています。

初めて使うときやちょっと使いたいだけの場合、ダイソーで買えると嬉しいですよね。

以下では、ダイソーに売っているハトメパンチのサイズや種類、使い方から活用アイデアまで、詳しくご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ハトメパンチはダイソーで買える!サイズや種類も紹介

「ハトメ」は布や紙にあいた穴が裂けないよう、補強できるリング状の金具です。

ハトメがあると、タグやメッセージカードもより素敵に見えますよね。

そんなハトメを付けることができる道具の「ハトメパンチ」。

手芸店などで売っていますが、意外と張る値段に購入をためらうことも、あるのではないでしょうか。

使用頻度が少ないとなおさら、2,000円前後するハトメパンチは購入を迷いますよね。

しかし実を言えば、ハトメパンチ、ダイソーに売っているのです。

ダイソーでは210円(税込)であるため、お試し感覚に使うことができるのも嬉しいですね。

さらにハトメ玉が6個付いているため、すぐ使いたい場合でも安心です。

ただ2021年6月現在、ダイソーに売っているハトメパンチは、片面タイプの7㎜サイズ。こちら1種類のみです。

したがって、両面タイプや他のサイズを欲しい場合は、ダイソー以外で購入する必要があります。

両面タイプや7㎜以外のハトメパンチも、Amazon、楽天など、ネット通販で探すと安価なものに出会えることがあります。

手芸店やホームセンターなどにこだわらず、ネット通販でも探してみてくださいね。

そして、あなたが「片面タイプの7㎜サイズ、問題なく使える」または「初めて使うから試してみたい」と感じる場合、ダイソーで買うことをおすすめします。

ダイソーで売っているハトメパンチも、使い方は簡単ですよ。

以下では、ダイソーで売っているハトメパンチの使い方を、詳しくご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ハトメパンチはダイソー製でも使い方が簡単!

ダイソーでもハトメパンチを売っていることがわかりました。

しかし、ダイソー製でもきちんと使うことはできるのか、少し不安ですよね。その気持ちもわかります。

ところが、ダイソー製でもハトメパンチの使い方は簡単です。

力を必要とする場合はありますが、非力な女性であっても十分に使うことのできる製品です。

これから、ハトメパンチの使い方を詳しくご紹介します。

あなたがハトメパンチを使うときや、買うときの参考にしてくださいね。

まず、ダイソーのハトメパンチを使うときに必要な下準備から、ご紹介します。

 

ハトメパンチを使うための下準備

ハトメパンチを使うことができる、おすすめの素材からご紹介しますね。

ハトメパンチのおすすめ素材

  • ビニール

皮やビニールの場合「厚さ1~2㎜」であれば、使うことができます。

紙や布はペラペラより「少し厚め」がハトメもしっかり固定されるため、おすすめですよ。

そして次は、穴あけポンチで、素材に下穴をあける必要があります。

以下は、穴あけポンチで下穴をあけるときに必要な道具の一覧です。

穴あけポンチで下穴をあけるときに必要な道具

  • 穴あけポンチ(サイズは7㎜)
  • ハンマー
  • 床を傷つけないための下敷き(板など硬いもの)
  • 素材が柔らかいときは挟み込むための厚紙

穴あけポンチやハンマーは、ダイソーで揃えることができます。

穴あけポンチのサイズは、ハトメパンチと同じサイズをおすすめします。

多少下穴が小さくてもハトメを留めることは可能です。しかし、サイズは同じ方が綺麗に仕上がりますよ。

下穴をあけるための道具が揃いましたね。続けて下穴をあけていきましょう。

以下は、穴あけポンチで下穴をあける方法です。こちらも簡単にできますよ。

穴あけポンチで下穴をあける方法

  1. 素材の下穴をあけたい場所に、穴あけポンチを直立させる
  2. グッと力を入れて、穴あけポンチを素材に押し込む(跡が残ります)
  3. 1度穴あけポンチを素材から離して、跡が残っていることを確認する(数ヵ所ある場合は1~3を繰り返す)
  4. 跡が残っている場所に合わせて再び穴あけポンチを直立させる
  5. ハンマーでポンチの頭をコンコンと叩く

床が傷つく恐れがあるため、傷ついても大丈夫なものを下に敷くことも大切です。

また、薄い素材や柔らかい素材のときは、上下を厚紙で挟むと、スムーズにあけることができますよ。

こちらで、ハトメを固定するための下準備は完了です。

以下では、いよいよハトメパンチの出番です。意外と簡単なので、試してみてくださいね。

 

ハトメパンチの使い方

ハトメパンチの使い方は、意外と簡単です。

ダイソー製でもハトメはしっかり留まるため、安心して使ってくださいね。

ハトメパンチの使い方

  1. ハトメ金具を、下穴ポンチであけた穴へ差し込む(突起側が裏)
  2. ハトメパンチの突起が上にくるよう、ハトメパンチを持つ
  3. 素材に差し込んだハトメ金具の突起が、上向き状態なことを確認する
  4. ハトメパンチを、素材へ差し込んだハトメ金具にセットする
  5. ハトメとハトメパンチの突起同士が向かい合っている状態なことを確認する
  6. ハトメパンチのグリップを、ぎゅーっと握りこむ
  7. ハトメパンチの先端部がぴったり合わさったら、グリップから手を離す

グリップは握力に自信がない場合、両手で握ることをおすすめします。

ハトメの留まり方が甘いような場合は、ハトメパンチで再度力を込めて挟みこんでください。

ハトメパンチの角度を変えて挟みこむことも、効果的ですよ。

それでも留まり方が甘いと感じた場合は、ハンマーでハトメ金具の裏側を少し叩いて整えましょう。

ハトメの裏側までしっかり留まっていることが確認できたら、完成です。

ハトメパンチは、力がそこそこ必要ですが、使い方は意外と簡単です。

ぜひ、さまざまなアイテムに使用して、アレンジを楽しんでください。

以下では、ハトメパンチの活用アイデアを、ご紹介します。

 

 

ハトメパンチはダイソー製でも活用アイデアが豊富!

ハトメパンチを不安なく使うことができるようになると、さまざまなことで使用したくなりますよね。

これから、せっかく買ったハトメパンチが眠らないための、活用アイデアをご紹介しますね。

ぜひ、あなただけのオリジナルアイテムを作ってみてください。

 

招待状

招待状やゲストカードにハトメを付けて、リボンで飾ると、高級感がアップしますよ。

定番は、カードの左上にハトメを付けて、リボンで飾る方法です。

しかし、あなたの思うままにアレンジすることも楽しいですよ。

シンプルなカードも、あなた自身のセンスを光らせて作り上げたものは、ゲストに喜んでもらえます。

あなたが送る場合はもちろん、もらう側の場合であっても、嬉しい気持ちになるアイテムです。

 

ガーランド

クラフト紙や厚紙にハトメを付けて、オシャレなガーランドを作ることができますよ。

材料もすべてダイソーで揃えることが可能です。

したがって、初めて作る場合も敷居が低いのではないでしょうか。

文字やシールで飾り付けたクラフト紙、または厚紙に、ハトメを付けます。

ハトメに通した紐を使って、壁へ飾ると華やかさが増しますよ。

誕生日や季節のイベントにも最適なガーランド。ハトメがあることで、紙だけよりさりげなく高見えできるところも嬉しいですね。

 

カーテン

ダイソーでも豊富に売られている、のれんや手拭いで、ミニカーテンを作ることができます。

カーテンとして使用したい布の上部に一定間隔で下穴をあけ、ハトメを付けます。

ダイソーやホームセンターで売っている突っ張り棒、または、カーテンフックを、作ったカーテンへ取り付けます。

使用場所へセットをすれば、あなただけのオリジナルカーテンが完成です。

また、既製品に同じ要領でハトメを付ければ、お部屋の雰囲気も少し変えることが可能です。

ひと手間加えるだけで、いつもの空間を少し変えることができる、カーテンアレンジもおすすめです。

 

小物

小物のアクセントとしてハトメを用いる方法です。

バッグの取手やポーチに紐を付けたいときも、ハトメはおすすめです。

あなたが持っているポーチの端にハトメを付けます。

ハトメにオリジナルタグ付きボールチェーンやリボンを通せば、あなただけのポーチが完成です。

また、ダイソーに売っているさまざまな小物で、挑戦しても楽しいですよ

あなたのオリジナル小物作りにも、ハトメパンチを活用してみてください。

 

チェキ

旅先での景色やお友達と撮ったものなど、思い出いっぱいのチェキにハトメを付けるアイデアです。

チェキの上部にハトメを付けて、ハトメへ通したリボンや紐で飾ります。オリジナルしおりとして使うことが可能ですよ。

また、チェキにメッセージを書いてお友達へ送れば、おしゃれなメッセージカードとしても活用できます。

用途に合わせて穴をあける場所は変えて、あなたらしくアレンジしても素敵だと思います。

他にもさまざまアイデアで、ハトメパンチは楽しく使うことができますよ。

ダイソー製だからと侮ることなく、あなたの用途に合わせて、ハトメパンチを活用してくださいね。

 

 

まとめ

  • ハトメパンチはダイソーに売っている
  • ダイソーに売っているハトメパンチは片面タイプ、7㎜サイズの1種類である
  • 両面タイプや7㎜サイズ以外のハトメパンチはAmazon、楽天など、ネット通販で安価に購入することもできる
  • ハトメパンチはダイソー製も使い方が簡単である
  • ハトメ金具を留めるために必要な下穴をあける道具もダイソーで揃えることができる
  • ダイソーのハトメパンチは非力な女性でも使うことができる
  • ハトメパンチは活用アイデアが豊富にある

ハトメパンチがダイソーに売っているのは、嬉しいですね。

ダイソー製は十分に使うことができるため、初挑戦もしやすいですよ。

そして、ハトメパンチには、さまざまな活用アイデアもあります。

ぜひ、あなたのセンスを活かしたオリジナルプレゼントやお部屋飾りで、ハトメ打ちを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました